将棋棋士 田丸昇の と金 横歩き

2017年8月 8日 (火)

お天気キャスターの森田正光さんと竹俣紅女流初段との記念対局

お天気キャスター

7月30日に東京・渋谷の東急百貨店で開催された「将棋まつり」で、お天気キャスターの森田正光さんと竹俣紅女流初段の記念対局が行われました。森田さんはアマ三段の棋力があり、以前は街の将棋クラブに通って腕を磨いていました。

記念対局の手合いは飛車落ち。下手の森田さんは右四間飛車の定跡を用いて攻め立て、竹俣女流初段に対して終盤で勝利寸前の形勢になりました。しかし自玉の簡単な5手詰めをうっかりして逆転負けを喫しました。いったん詰めろを受けておけば必勝でした。

お天気キャスター

局後の大盤解説の光景。左から森田さん、解説を務めた私こと田丸昇九段、竹俣女流初段、聞き手の里見咲紀女流初段。

じつは森田さんは2008年、小学4年生だった竹俣さんと会ったことがありました。場所は朝日小学生新聞が催した作文コンクールの表彰式でした。全国から寄せられた約3万の作文の中からまず30点がノミネートされ、選考委員の森田さんらによって決められた高学年の優秀賞(3人)に竹俣さんが選ばれたのです。将棋に夢中になっていた竹俣さんに、祖父が温かく激励する内容でした。森田さんと竹俣さんは思いがけない形で9年ぶりに再会して、とてもうれしそうでした。

記念対局の後には、森田さん、佐藤天彦名人、田中寅彦九段、田丸九段、山口恵梨子女流二段らによるトークショーが行われ、将棋とお天気の話題で話が盛り上がりました。

森田さんが「気象予報の世界では、10年以上も前からコンピューターが予報していて、私たちはそれを元に解説しています。人間は予報の精度で、コンピューターにとても敵いません」と言うと、田中九段が「ここにいる佐藤名人も今年の電王戦でコンピューターに2連敗しました」と笑いを誘いました。

森田さんは気象協会の職員を務めていた30年以上も前の頃、大山康晴十五世名人の「将棋が強くなるには、良い道具を持つことです」という言葉をかみしめていました。そこでボーナスが出たある日、都内の碁盤店へ将棋盤を見に行きました。しかし気に入ったカヤの高級盤は高くてとても手が出ません。諦めて店を出ようとすると、店主がツゲの駒も付けて半額の30万円で売ってくれると言ったのです。現金でもらったボーナスの額でぴったり買えたのです。喜んで自宅に帰ると、奥さんにこっぴどく叱られたそうです。

森田さんは2年前、「なんでも鑑定団」というテレビ番組でその将棋盤を出品しました。本人評価額は60万円でした。しかし専門家の鑑定は10万円でした。碁盤店の店主が言った九州の宮崎産というのは間違いで、中国の雲南省の産だったのです。

でも将棋盤がどこの産であれ、ずっと愛用することが大事です。森田さんはこれからも、自前の盤を使って将棋を楽しんでほしいものです。

 

|

盤外ひととき」カテゴリの記事

コメント

竹俣紅さんさすが着物がお似合いですね❗(笑)
和服の女性が増えて欲しいね❗
将棋倒しぐらいしか出来ないけどね❗(笑)

投稿: 鈴木敏之 | 2017年8月 8日 (火) 23時10分

田丸先生にお尋ねしてよいものかどうか・・・
佐瀬一門というつながりでしかありませんが・・
先崎九段の突然の休場に驚いていますと同時に心配です。
一身上の都合とあり健康上の問題でなければと思いますが情報はなかなか出てこないのでしょうね。
早い復帰を祈るばかりです。

投稿: こうめい | 2017年8月11日 (金) 13時43分

はじめました
田丸先生に質問がありまして投稿させていただきます。
夏休みに甥っ子と将棋を指していて気付いた点があります。
甥っ子が言うにはあき王手にに気付かなかった相手の王将を取ったらそれは「ルール違反」だと言われたそうです。
私も玉は詰めて勝ちと思っていましたが、取っても勝ちなのか疑問を感じました。
質問1、玉を取ると勝なら詰みは、まだ勝っていない(必ず勝つとしても)と、考えることができます。ネット将棋(81Dojo)の棋譜を調べてみますと、頭金の即詰みで、同玉と詰ゴマを取った場合、反則負けとなっています。(外国人の低級位の方に、この反則が多いように見受けられます)
質問2、詰んだ状態は玉を取られていませんからまだ負けていないと判断できます。玉で詰ゴマを取り、玉を取られた時点で負けと成るのですから、詰ゴマを同玉と取ることは負けであっても、反則ではないように思えるのです。
質問3、詰ゴマを同玉と、取るのは王手を掛けられた駒を取るのと、同じと考えれば負けているのは納得できますが「反則」にされるのは納得できないのではと理解されます。
玉を取り合うゲームとするならば詰んだ状態で終局とせずに玉をとるまで続けるべきで、詰ゴマを取って反則負けは整合性に欠けている様にも思います。
質問4、将棋は詰んだ状態で終局と、するならば「王将を捕らえ合うゲーム」とし、お互いに王将は取らないと、ルール化すべきに思えるのです。
今更と、思える疑問ですがお教え頂ければ幸いです。

投稿: komaoto | 2017年8月20日 (日) 15時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/545452/65638502

この記事へのトラックバック一覧です: お天気キャスターの森田正光さんと竹俣紅女流初段との記念対局: