将棋棋士 田丸昇の と金 横歩き

2017年6月22日 (木)

田丸が夕刊紙「日刊ゲンダイ」で6月22日から毎週木曜日に将棋コラムを連載

田丸が夕刊紙「日刊ゲンダイ」で6<br />
 月22日から毎週木曜日に将棋コラムを連載

藤井聡太四段が6月21日に澤田真吾六段との対局に勝って公式戦で28連勝し、神谷広志八段が30年前に達成した最多連勝記録に並びました。

対局が16時47分に終了すると、大半のテレビ番組が直後にテロップを流して藤井の勝利を速報しました。東京と大阪では号外が配られました。翌日の22日には大半のスポーツ新聞が1面で藤井を大きく取り上げました。また、テレビの情報番組は連日のように藤井特集を組んでいます。

とにかく藤井四段の活躍は社会的にも大きな影響を及ぼしています。21年前に羽生善治七冠が誕生したときのような熱狂ぶりが思い出されます。藤井の29連勝の新記録がかかった増田康宏四段との竜王戦の対局は6月26日に行われます。

私こと田丸昇九段は夕刊紙「日刊ゲンダイ」(駅売店やコンビニで販売)で、6月22日から毎週木曜日に将棋コラムを連載することになりました。これも将棋人気の高まりといえるでしょう。

写真のとおり、表題は「田丸昇九段の眼」。45年間の現役棋士生活で得た経験を元にして、将棋界のいろいろな情報や裏話をお伝えします。副題は「風雲急の将棋界を斬る」となっていますが、辛口の評論に限定するわけではありません。第1回のテーマは藤井四段で、次回以降も続けます。では、この将棋コラムのご愛読をお願いいたします。
【操作の誤りで写真の向きが横になってしまい、申し訳ありません】

日刊ゲンダイが将棋欄の掲載を始めたのは約40年前で、当初は棋士と愛棋家著名人の記念対局を企画しました。そして1978年に、A級棋士と若手精鋭棋士のグループに分かれた「オールスター勝ち抜き戦」が公式戦となりました。その後、上位陣と下位陣の出場者はともに20人以上に増えました。

オールスター勝ち抜き戦(持ち時間は各3時間)の特徴は、対局料のほかに勝利者賞として主催者から賞金(7万円)が出たことでした。さらに5人抜きをすると30万円、10人抜きをすると50万円の賞金が出ました。その節目の一戦で相手側が勝つと、阻止賞として賞金の半額が出ました。

私は七段時代の1986年、淡路仁茂八段に勝って5連勝を阻止して15万円を得ました。そして4連勝して5戦目に谷川浩司九段に敗れて30万円の賞金を逃しました。

この棋戦のもうひとつの特徴は、協賛社の酒造メーカーから副賞が出たことでした。対局のたびに勝者には銘酒の一升瓶が3本、敗者には1本が贈られました。お酒好きの私としてはとてもうれしかったものです。4連勝したときは飲み切れないので知り合いに分けました。後年に協賛社がビールメーカーに変わると、缶ビールの詰め合わせが贈られました。

オールスター勝ち抜き戦は2003年の第22回を最後に終了しました。最多勝ち抜き者は2000年に羽生善治五冠が達成した16連勝でした。

|

対局」カテゴリの記事

コメント

偉業であることはもちろんですが、号外を出すようなことでもないよなぁ、といささか過熱ぎみの報道に違和感を覚えています。剣ヶ峯に立たされた将棋界にとって希望の光であろうことは痛いほどよくわかりますがね…

投稿: | 2017年6月22日 (木) 16時57分

私の地元(名古屋)ではかなり前から天才少年と言われていましたが、三段リーグの成績が思ったより平凡(13勝5敗)だったので「プロではやっぱり厳しいかな」と思いましたが無傷の28連勝は予想外でした。「寝て起きれば強くなる」年齢なので1局ごとに強くなっているのかも知れません。
私が将棋を教わっているT先生(指導棋士四段)は藤井さんの兄弟子で三段リーグ通算5期で勝率5割以上という優秀な成績でしたがプロにはなれませんでした。今プロとして活躍している若手棋士にも何人かに勝ち越しているほどの実力者なのにつくづくプロへの壁は高いと感じると同時に藤井四段はどこまで強くなるんだろう?彼ならコンピュータなど簡単に返り討ちにするんじゃないか?とも思ってしまいます。毎日将棋が話題になり普段何の関心も示さない家族や友人が将棋のことについていろいろ聞いてきます。
先月、岐阜で名人戦の解説会があったとき師匠の杉本七段が「藤井の扇子作りました」と言われ記念に買い求めましたが現在オークションで3万超とは本当に驚きです。

投稿: こうめい | 2017年6月23日 (金) 11時11分

将棋界の明るいニュースは大歓迎です。藤井さんもこれからが大変です。一度負けたあとがどうなるか?竜王戦の決勝トーナメント初戦が5組優勝者と次の月曜日に対戦連勝がかかりまたひと騒動、楽しみです。その次にどの棋戦でしたか?豊島新八段との決勝トーナメント戦があります。豊島さんといえば、確か私見ですがソフトに本当に勝った棋士ではなかったでしょうか。この対戦は一番の楽しみです。藤井さんの真価が問えそうです。一番の心配事は、5時間以上の持ち時間のある対局ですが、体力的に大丈夫なのかなと思ったりもしています。順位戦では少しハラハラしました。藤井さん頑張ってください。

投稿: 千葉霞 | 2017年6月24日 (土) 13時18分

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170621-00010000-flash-peo

「将棋界の横綱になる」で藤井四段の対局料は田丸九段解説していますが、
藤井四段のグッズの売り上げは、本人にいくら入るのか(どうゆうシステムになっているか)
気になります。

投稿: オンラインブログ検定 | 2017年6月24日 (土) 20時14分

田丸先生の門下生で研修会員の小高佐季子さんが女流3級の資格を獲得した旨、連盟ホームページで知りました。

報道によると、時の人・藤井聡太四段と同い年の2002年生まれで15歳になったばかり、女流としては初めての21世紀生まれなのですね。

初の21世紀生まれの女流棋士が、田丸昇・獅子丸・ロン毛丸・ライオン丸先生の門下生とは、ファンとして喜びの涙をこらえ切れません。

さすが最高の名伯楽、最高の棋士、超一流の人格者です。

櫛田陽一七段・井出隼平四段・小高佐季子女流3級共々、更なるご活躍を願って止みません。

投稿: 柳 | 2017年6月25日 (日) 03時11分

将棋 藤井 聡太四段(中3) 伝説 検定
作りました。受験よろしくお願いします。

http://kentei.cc/kentei/1533723/
第5問解説動画はこちら中国地方では見れないので必見です。
東海テレビ特集でフジテレビで放送されました。

https://www.youtube.com/watch?v=Qrq9WMXVtqw
藤井聡太四段 特集 
☆☆☆超おすすめ動画(57分)

投稿: オンラインブログ検定 | 2017年6月25日 (日) 22時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/545452/65443521

この記事へのトラックバック一覧です: 田丸が夕刊紙「日刊ゲンダイ」で6月22日から毎週木曜日に将棋コラムを連載: