将棋棋士 田丸昇の と金 横歩き

2017年1月 4日 (水)

謹賀新年。2017年の将棋界は激動の年になりそうです

【追記・1月10日 日本将棋連盟のホームページの「将棋コラム」の欄に、私こと田丸昇九段のインタビュー記事が載っています。前編のテーマは「兄弟子の米長邦雄永世棋聖との思い出の一局」、後篇は「若手棋士時代のエピソード」。】

私こと田丸昇九段は昨年の10月25日に引退して以降、指導や執筆などの仕事が立て込んで忙しく過ごしてきました。現在も、3月に刊行予定の技術書の執筆で正月返上の日々です。そんなわけでブログの記事の更新が2ヵ月ぶりになってしまいました。

10月12日に発覚した三浦弘行九段の「将棋ソフト不正使用」の問題については、将棋連盟から委嘱された「第三者調査委員会」(元検事総長など3人の法律家で構成)が12月26日に調査報告を発表して一区切りつきました。

その骨子は「対局中に不正行為に及んでいたと認める証拠はない」というもので、三浦九段の無実が証明されました。また、三浦九段の公式戦出場停止処分(昨年の12月末日まで)を決めた将棋連盟(会長・谷川浩司九段)の常務会については、「当時は疑惑が強く存在していて、三浦九段が竜王戦7番勝負に出場した場合、大きな混乱が生じたことは必至だった。常務会の判断はやむをえなかった」として、理解を示しました。

第三者調査委員会が2ヵ月に及ぶ調査の結果、三浦九段の対局中の言動などについて「白」と判断したことは、連盟の会合で三浦九段を擁護する立場で訴えてきた私としては評価したいと思います。しかし常務会の判断を「やむをえなかった」とした見解には疑問を持っています。

とにかく第三者調査委員会の報告で、一連の問題が決着したわけではありません。今後は、三浦九段の公式戦復帰への道筋と甚大な不利益の補償、常務会や関係者の責任など、連盟の内部で検証すべきことは多々あります。

三浦九段の師匠で私の兄弟子の西村一義九段とは、たまに連絡を取り合ってきました。三浦九段の消息について、「かなり落ち込んでいる」と聞いたときはかなり心配しました。しかし12月27日に開いた記者会見に出席して公の場に久しぶりに登場した三浦九段を見て、思った以上に元気そうだったのでほっとしました。また今年の1月3日には、地元の群馬県高崎市で行われた「YAMADA子ども将棋大会」に出席し、ファンの人たちに挨拶して笑顔を浮かべました。

2017年の将棋界は、5月に理事選挙が行われることもあって、棋士たちの間でいろいな動きがあると思います。三浦九段の問題もからめて激動の年になりそうです。

|

対局」カテゴリの記事

コメント

公式戦ではなくても、非公式にでも渡辺竜王と三浦九段で七番勝負を行うべきだと思います。

その結果に従い、真の竜王が決まる。
竜王の優勝獲得賞金の中で対局料の分配を決めれば新聞社に迷惑をかけずに済みますし、疑った側もそれ相応の誠意と責任と義務があるはずです。

連盟幹部も三浦九段の被害に比べて微少な責任の取り方で何とも恥ずかしい。

不満なしの決着を望みます!

投稿: 通りがかり | 2017年1月 4日 (水) 11時30分

上のコメントの「通りすがり」さんの意見に賛成します
ただ三浦さんは将棋から離れていた期間が長いので準備期間が必要だと思います

投稿: てんとうむし | 2017年1月 4日 (水) 12時19分

ともあれ三浦九段のことが一応のケリを見ましたことはよかったです。あとは執行部の責任の取り方でしょうね。どなたかが書かれていましたが、連盟を引っ張っていくのには名前が必要ですが、谷川さん、島さん、青野さんでは今一つだめだったですね。落第でした。リーダーシップがあまりなさそうな先生方に見えます。米長先生の急死もありましたが、もうワンクッション置いてからの方達でした。加藤、有吉、内藤、大内、田丸各先生らが当時は占めるべきでした。西村九段も専務理事でしたから会長という道もあったのではないかとも思ったりしました。少し苦労された棋士がリーダーになられた方が人心掌握にはよいのですが。これもどなたかの文言ですが、師匠の西村九段、藤井九段が声を張り上げなかったのは素晴らしかったです。次回竜王戦は三浦九段を決勝トーナメントの一位にシードランクしてはどうでしょうか。ご検討を願うものです。

投稿: 千葉霞 | 2017年1月 4日 (水) 16時13分

田丸先生、おめでとうございます。三浦先生の件はひと段落ですが、ふた段落されますようお願いします。コンピューターの指し手はすごいですよ、これはプロの先生でも勉強の参考にされて当然です。囲碁、将棋のトップがコンピューターと対戦するようですが、趙治勲先生のように上手く負かせるかどうか?羽生対策がコンピューターとの勉強ではなかったかと思わせることはないのでしょうか?佐藤名人など若手は羽生マジックならぬコンピューターマジックの手を指しているように感じます。

投稿: 田舎棋士 | 2017年1月 4日 (水) 16時22分

田丸先生のおっしゃる通り、早急に常務会や関係者の責任を連盟内部で検証すべきです。
「関係者」の筆頭は渡辺竜王でしょうね。

投稿: logimon | 2017年1月 4日 (水) 16時54分

第三者調査委員会の結果については私も田丸先生と同じ感想です。
その後、地元群馬での将棋大会に三浦9段を一方的に排除した連盟の愚かさには呆れるばかりです。混乱を回避したかったのですか?地元のフアンは皆三浦9段を信じていたのです。幸いヤマダ電機の計らいであいさつの場を設けてもらったのは本当に良かったです。久しぶりに大勢の将棋フアンの前で
あいさつできたことは三浦9段もうれしかったと思います。
今回の疑惑への対応は、将棋連盟として最悪でした。関係理事者、一部棋士の責任は重いと考えます。将棋フアンとしてこうした棋士への責任追求を支援していきたいです。

投稿: 新手一生 | 2017年1月 4日 (水) 19時43分

連盟の
対局規定第8条
4. 終局後は反則行為の有無にかかわらず、投了時の勝敗が優先する(投了の優先)。
とありますが,今回の問題,「不正」と言われていますが,この対局規定との関わり合いはどのようになるのでしょうか。
将棋道場にはよく「助言無用」という書かれたものが張っていますが,ソフトを使って,指すのはこの助言に相当するように思いますが,どうでしょうか。
私の子供が,小学校の4年生の時,対局相手の大人の人のグループに將棋盤の周囲を取り囲まれて,グループの人達が声を上げて,將棋盤に直接指で支持しながら検討を始め,子供は抗議できず負けて泣いて帰ってきたことがありました。
それを聞いた母親が運営担当に抗議をしましたが,上記の対局規定で抗議は受け付けられませんでした。連盟にも抗議の手紙を書きましたが,完全無視で本当に悔しい思いをしました。
今度の三浦さんの件は,不正があったかなっかたかに関わらず,対局規定との関係で,私の子供の場合とは連盟の対応は真逆のような気がします。
小学校4年生の抗議は受け付けず,タイトルホルダーの抗議は受け付ける。
昔のことが思い出されて,悔しさがよみがえってきました。将棋に負けても一度も泣いて帰ったことがなかった子供の目に涙が溢れていたのを思い出すと今でも私も目頭が悔しさで熱くなります。

投稿: 匿名 | 2017年1月 4日 (水) 19時46分

猜疑心の強い棋士の発言に端を発した一連の問題は、予想通り三浦九段の白で決着でした。
ログが残り、不正の有無を最も検証し易いIT関係で、確たる証拠もなしに短時間で結論を出す連盟の幹部は、公益法人の理事失格です。
将棋の強い棋士で、タイトル経験者でありながら「疑わしきは罰せず」の基本原則も知らないのかと呆れます。
1億%黒と公言していた棋士も居たのですから相応の処分を多くの将棋ファンは望んでいます。(自らの愚かな発言を記者会見を開いて謝罪してもらいたい)
将棋の強さと公益法人の運営能力は別物です。もっと知恵のある方を幹部に選ぶべきです。

投稿: うらない | 2017年1月 4日 (水) 22時35分

田丸先生が当初から主張されていた三浦九段の不正疑惑が冤罪であったことが証明されて、安堵の限りです。三浦九段としても日本将棋連盟から話を聞かずに、こんな仕打ちを受ける筋合いはなかったでしょうね。

私が思うに、この一件で尻馬に乗った関係者にも、何かしらの処分を下すべきです。

そして竜王位は今年1年空位にして、三浦九段は7番勝負にシード、渡辺棋王は1冠に後退し1組ランキングからやり直し、本戦トーナメントを勝ち抜いた棋士が三浦九段と竜王戦7番勝負を闘うようにするのが妥当にぞんじます。

しかし流石、田丸昇・獅子丸・ロン毛丸・ライオン丸先生です。将棋界の良心・連盟一の良識者とは良く言ったものです。

私がファンを続けるのは、このような所にあるのです。

投稿: 柳 | 2017年1月 5日 (木) 04時39分

田丸先生、あけましておめでとうございます
私は投了の優先は規則でもあり、対局に臨む心構えでもあると捉えてまいりました
後から文句は言えない、だから盤上で全力、綺麗ごとでもなんでもそれが基本の精神だと…
今回、その投了された対局に負けた棋士が物言いをつけることに、なんら抵抗を見せず、トップ棋士を巻き込みコソコソ極秘会議を開く
それをさも、手柄であるかのように語る記事に背筋が寒くなる思いでした
ソフトが強くなったことはそれほどの重大事でしょうか?
ソフト指しというのはイカサマの一種だと捉えるか、助言と捉えるか、どちらも反則には変わりはないでしょう
勝負ごとには古来よりイカサマと八百長は付き物です
賭け事でもあった昔の方がそのリスクが高かったかもしれないとも思います
それでも鷹揚にかまえ、痩せ我慢でも盤上で結果を出してきたのが先達ではなかったでしょうか?
それを「道」として、今の様に確立しようとしたのではないのでしょうか?
プロといえど道の途中、過る邪心を戒めるための原則ではないのでしょうか?
少し清潔な世界で育ちすぎた年代が、互いを信じる性善説であったと唱えているようですが、私はそうは思いません
私はまさに今、その求道の精神が危機を迎えていると思っております
今回の件での三浦先生対応、ブレはなく昔からお持ちの矜持の通り前を向いていらっしゃるお姿に光明を見る思いです
守る事、追い求めるものは個々に違うのが当たり前でしょう
だからこそ、原則として守られるもの、同じ根っこがなくてはならないと感じています
その上で、興行として指す側、見る側、関わる方皆様の納得のいく答えをだされますことを願ってやみません

投稿: ちー | 2017年1月 5日 (木) 10時19分

連盟の対応は最善ではなかったと思います。しかし他に手はあったのか?と問われれば難しいです。竜王が本当に対局拒否をしたのかどうかも分かりませんし、確たる証拠や情報が少ない中で個人の思いより何とかタイトル戦を無事に終えたいという組織論が優先されてしまうのは連盟に限ったことではありません。三浦九段としてもまったく納得いかないでしょう。
丸山九段も「連盟の裁定には納得いかない」旨タイトル戦の前におっしゃっています。佐瀬一門ということを除外してももっともな思いでしょう。
悪手を指してしまった連盟はどう挽回するのか?見守っていきたいと思います。
最後に関係ない話ですが・・「聖の青春」を観ましたが冒頭のシーンで田丸先生がご出演されているのを見てビックリしました、と同時に嬉しかったです。セリフも無いのに存在感がスゴイ!他の棋士もそうでしたがはやっぱり棋士はすごいです。

投稿: こうめい | 2017年1月 5日 (木) 10時31分

三浦九段の白は当然ですが、本当に連盟のとった措置は妥当であったのか大いに疑問の残る部分です。

一連の報道資料を分析していますと、最初に報道関係者に情報をリークしたのは誰?という疑問が残ります。(マッチポンプ的に感じます)
ソフトとの一致率90%でプロが驚いてどうするの?
一致率70%程度は過去の話でしょう。毎日、ソフトと指していますと学習効果でアマでも似たような手を指すようになります。
一致率90%でもソフトが強いのであれば、叡王戦は戦う前からソフトの勝利確定ですね。(技巧より強いソフトが代表ですよ)
勝敗の決まっている勝負を観ても将棋ファンに感激を与えることが出来ると思っているのでしょうか。
心ある多くの将棋ファンは憤慨しています。

投稿: | 2017年1月 5日 (木) 21時58分

常務会が出場停止処分を取ったのは妥当であること

このことは一番理解ができないことです。

投稿: 将棋太郎 | 2017年1月 7日 (土) 04時34分

こんにちは。あけましておめでとうございますhappy01papernote。・・・この『三浦話題』は皆さんいろいろといわれていますが、私は最初っから『三浦先生は無実』と思っていました。皆さんご存知の通り、すごい努力家で『棋聖戦連続挑戦の末、七冠を崩した棋士』として名をはせ、その後も新人王戦、NHK杯を制し、A級も連続10年を超え、ついには名人戦登場まで果たした超一流棋士です。そんな棋士が、なぜそんなしょうもない疑惑をもたれるようになるのか?・・・訴えた関係者も、大河ドラマを見習って『大阪夏の陣』のように、まず外堀埋め(証拠集め)をしてから、話を切り出すべきだったでしょうね。それと今回のマスコミの異常なまでの採りあげには、かつての『羽生話題』のようなムードを感じました・・・『藤井新四段話題』ならまだいいですが、今回は三浦先生を、マスコミがあおって、よってたかって・・・という感じでした。ホントマスコミの力は、時として恐ろしいと実感しましたし、谷川会長もかわいそうでしたcrying。かつて阪田三吉先生が、関西の有力者に押しに押されて『関西名人』を名乗る羽目になり、棋界と絶縁した故事がありますが、今回の谷川先生もまわりの力に押され押されて、あんな形になり頭を下げられた・・・そんな感じです。・・・それにしても今回のことで『対局中の態度・モラル』が改めて考えさせられることになりましたが、これはプロやアマ強豪だけでなく、アマ段位者、級位者、初心者にも言えることです。『礼儀作法も実力のうち』・・・昨年13回忌を迎えた、故・原田泰夫九段(元会長)の遺訓です。また新たに広まってほしいと思いますthink

投稿: S.H | 2017年1月 7日 (土) 17時04分

田丸先生あけましておめでとうございます。今年からは環境も変わりいろいろ大変な年にになろうかとは思いますが、頑張ってください。三浦先生もい吐息つけたのでしょうか?連盟幹部も少し常識を外したようでした。はじめから第三者委員会なるものを出しておけば少しはよかったでしょうに、これとて例の舛添氏と似たような印象を少なからず与えた感もありました。連盟をかばってはダメでした。ただ、谷川さんが頭を下げたのは光明でした。あまり強くここで書くと採用されないようですので柔らかめにしました。ただ、連盟の現幹部役員は辞任するよりないのではないでしょうか。桐山九段、高橋九段、田丸九段、中村九段などが建て直し役員として会長以下を務めてしかるべきとも思います。ご一考あってしかるべきです

投稿: 東京散歩人 | 2017年1月 7日 (土) 17時24分

先生は指導、執筆でお忙しくしているとのことですが、どちらかの道場で指導対局などされているのでしょうか?できれば東京にいるうちに一度、指導をお願いしたいところです。

投稿: 将丸 | 2017年1月 9日 (月) 08時55分

初めてコメント致します。
田丸先生の著書は「将棋界の事件簿」が面白い記述で楽しく読まさせて頂きました。ありがとうございます。是非また名著をご出版して頂き、楽しまさせて頂けたら幸いです。
昨年の三浦九段への連盟の対応は残念でした。一刻も早く、三浦九段の名誉回復がなされることを期待しています。むしろ田丸先生に思いきって理事となって頂いて、連盟を改革して貰いたいと思ってしまうくらいです。
今後ともご活躍を期待しています。

投稿: 初めてコメント致します | 2017年1月 9日 (月) 16時24分

田丸先生、あけましておめでとうございます。

将棋連盟の騒動も、とりあえず落ちついたようです。しかしネット上の意見を見ると、まだ解決されたとは必ずしも言えないかもしれません。怒っている人、解決したとは認めていない人がたくさんいます。

このブログに限らず、将棋連盟に対する厳しい意見が多く、意見を通りすぎて提案のようなことを語る人もいます。事件の経緯をくわしく知っている将棋ファンも多く、三浦さんの救済にとどまらず、連盟の改革方法についてまで意見が出るありさまで、ついには一部の棋士の処分や連盟会長の進退にまで話が及んでいます。

米長さんがボンクラーズに敗れて以来、長きにわたって連盟が隠しに隠してきたことが、すっかりばれてしまいました。電王戦であれほどこまかく細工をして、あたかもプロ棋士は将棋ソフトと互角の勝負ができているかのごとく装ってきたのが、台無しになったように思います。ソフトはもはや化け物のように強く、アマプロ問わず人間の棋士では到底歯が立たないことは、将棋ファンはとうにわかっていました。今回のことで、それが一般人にまで知れ渡ってしまい、ごまかしがきかなくなりました。

一方で、会長や理事を辞めさせろとか、過激な意見も出ています。見ていて思うのは、そういう人たちは時代劇のような鮮やかな解決を望んでいるのではないかということです。そして連盟幹部たちが悪もの、三浦さんが正義の人といったところでしょうか。残念ながらそういった胸のすくような展開はありません。時代劇では悪人たちがばったばったと斬られて正義が勝つとなりますが、現実は平板ですから悪人も善人もぐずぐずなままで、ことが進んでゆきます。

何か起こったときの将棋連盟の対応は昔からぐずぐずで、今回も連盟はいつもの「ぐずぐず」でやっています。そしてそれで終わりでしょう。一部の将棋ファンは、今回のことをきっかけに連盟の体質を一新し、生まれ変わったような清廉な組織に変える、あるいは変え得ると本気で思っているようです。

連盟は今回の騒動にもしぶとく耐え抜きましたが、いろいろと不安もあります。大晦日の相談将棋では、人間側が手合いちがいではないかと思えるほどの負け方をしました。電王戦で佐藤天彦さんがポナンザを連破するというような事件が起こればよいのですが、よほどの細工をしないかぎり、そういう奇跡は起こりそうにありません。囲碁界のさわやかな対応が際立つ中で、将棋界のぐずぐずがよけいに目立っています。

田丸先生は、いいときに引退されたと思います。ある意味で逃げ切りというかたちですが、これからの棋士たちは大変です。隙を見せたら終わりというような、きびしい環境になるかもしれません。

極寒の季節柄、ご自愛ください。

投稿: 田舎初段 | 2017年1月 9日 (月) 21時09分

『常務会の判断を「やむをえなかった」とした見解には疑問を持っています。』という田丸九段の見解を拝見して少しだけですが溜飲が下がりました。
いろいろなことがあって外からプロ将棋界がよく見えるようになった今、求められているのは大山主義、米長主義の止揚かと思います。お二人をよく知る田丸九段のお力添えで棋界(≠プロ将棋界)の失地回復がなされることを願ってやみません。

投稿: 前向きに | 2017年1月10日 (火) 11時49分

田舎初段氏に一言!
「田丸先生は、いいときに引退されたと思います。ある意味で逃げ切りというかたちですが…」「米長さんがボンクラーズに敗れて以来、…」「一方で、会長や理事を辞めさせろとか、過激な意見も出ています。見ていて思うのは、そういう人たちは時代劇のような鮮やかな解決を望んでいるのではないかということです。そして連盟幹部たちが悪もの、三浦さんが正義の人といったところでしょうか。残念ながらそういった胸のすくような展開はありません。時代劇では悪人たちがばったばったと斬られて正義が勝つとなりますが、現実は平板ですから悪人も善人もぐずぐずなままで、ことが進んでゆきます」これは随分と我が正しいといった論調です。コメント全体を注文つけたいところですが、ここら辺は反論でしょうか?こういったコメントが求められていると思われているかのようですが、どうなのでしょう?これも意見だと流すには疑問ですね。会長や理事を辞めさせろとはどなたもコメントされていませんし、三浦さんが正義の人とも誰もいっていません。作文はいけません。三浦さんを安易に出場停止にした会長以下の処分はどうしたのか?三浦さんをある意味一時的にせよ解雇した責任を取り、公で頭を下げたのであれば、それは辞任すべきではないか。辞任すべきである。は社会常識では納得がえられるのではないでしょうか。ぐずぐずといわれるなら新しい役員のもと今後の解決をしていくべきではないかというのが「辞任」という意見ではないか。会長以下を辞めさせろはあなた自身の言い分ですね。この場を汚したくはなかったのですが、一言感想を申し上げました。

投稿: 千葉霞 | 2017年1月10日 (火) 16時22分

田舎棋士から田舎初段氏へ。
全くいうに事欠いて田丸先生を揶揄するのはどうだろうか?現役を引退しても棋士であるのはそのままですから、連盟との関りは多いのです。初段氏は何か勘違いしているのでしょう。私も時代劇は好きですが、バッタバッタと悪者を切り倒すのは一面ですね。時代劇の勧善懲悪物ですね。知ってて言っているのでしょうが?今回の連盟幹部と同じようにパット飛びつきエラーという感じでしょうか。達観されたような意見で字面はいいのでしょうが、内容は残念です。同じ田舎ネームですので(一度田丸先生もあなたと私を混同されたことがありました)更に残念なコメントです。

投稿: 田舎棋士 | 2017年1月11日 (水) 16時10分

再投稿ですが、連盟の会長他1名が辞任されました。谷川さんには気の毒に思いますが、今回の件の始末の展開では仕方がないでしょう。騒ぎが大きくなってから専門家に任せたのも逆でした。報道などで「奥様、母親のスマホやパソコンまで回収!」はやりもやったりでしたが?時代を知らなすぎ(その前に社会も知らないのではと?)でした。前にもコメントされていましたが、将棋の指し手はソフトと似てくるのは当然ですね。今一番の新手なのですから、ソフトで勉強していればそうなります。先人をうわまる手は今やソフトが有利ですね。自分で考えなくなるのは少なからず棋士の力が落ちそうで残念ではあります。ただ、ソフトにも欠点はあるでしょう、誰がやっても同じ手が出てくると考える力が劣るといえども人は発想、発明します。ソフトもそれに近いとはいわれていますがどうでしょう。しばらくはソフトが勝ち続けますが、考えたり、学習したりは人の指し手を制作者が改良と称する書き込みが必要ですね。プロ側はこれをなんとかすることも必要でしょう。特許でしょうか?普通のアマやプロが勉強のために使うのはいいが、商業とまではいかなくても今のような勝手?に使ったりしてソフトを作り上げるのはある程度特許でしばる必要もあるやに愚考してみたりもします。遅かったかなとも思えますが、プロ側も面白がっているうちに今の現状があるわけです。名人戦の棋譜の有料化などよりはこちらが重要でしたね。さてさて、連盟はどう変わられるのか、棋士の片手間では難しいのは事実でしょうが、誰かの言のような「ぐずぐず」やあたふた、短絡、外部の人任せは「法人」としては失格です。いわゆる経営感覚のある人材を任につける方向性が必要です。外部理事に名前だけいい人を選んでもなんにもなりません。この人たちが今回の件に一人もかかわっていないのが(たぶん)見えています。もったいないですね。棋士の頭だけではどうにもならないからいる人材でしたのに残念です。将棋400年を良くするも悪くするも…いわずもがなですね。頑張ってください。更新をもう少し早めてくださるとありがたいです。

投稿: 東京散歩人 | 2017年1月23日 (月) 15時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/545452/64718298

この記事へのトラックバック一覧です: 謹賀新年。2017年の将棋界は激動の年になりそうです: