将棋棋士 田丸昇の と金 横歩き

2016年9月 4日 (日)

14歳2ヵ月の最年少記録で藤井聡太・新四段誕生

14歳2ヶ月の最年少記録で藤井聡太・新四段誕生

9月3日に東京の将棋会館で行われた奨励会の第59回三段リーグの最終日で、藤井聡太(ふじい・そうた)三段が13勝5敗の成績を挙げて1位に入り、14歳2ヵ月の最年少記録で四段に昇段しました。ビッグな新星の誕生にメディアも注目し、その日のうちにテレビやネットで速報され、翌日には朝刊の1面に記事が載りました。

写真は、記者会見で王将の置き駒を持ちながら笑顔を浮かべる藤井新四段。今後の目標について、「実力をもっとつけてタイトルを狙える位置にいきたいです。憧れの棋士は谷川先生(浩司九段)で、自分もそういった鋭い寄せができればと思います」などと、はにかんだ様子で語りました。

藤井は愛知県瀬戸市の生まれで、5歳のときに祖母から将棋を習いました。地元の将棋教室に通った後、小学1年で東海研修会に入会して腕を上げました。そして2012年9月の10歳のときに杉本昌隆七段の門下で関西奨励会に6級で入会しました。その後は14年6月に初段、15年10月に13歳2ヵ月の最年少記録で三段に昇段と、異例の速さで昇進していました。研修会時代から指導してきた師匠の杉本七段は、「子どもの頃から優れた大局観を持っていました。負けた後に泣きながら将棋盤にしがみついて離れないこともあり、とても負けず嫌いでした」と藤井の少年時代を振り返りました。

藤井は昨年3月、詰将棋を解く速さと正確さを競う「詰将棋解答選手権」に出場し、棋士や詰将棋マニアなど約80人の中で、難解な10問の詰将棋をすべて正解して優勝しました。今年の大会でも優勝して連覇しました。読みの深さと速さはすでにプロ棋士の力を有していて、詰将棋で鍛えた終盤の強さが持ち味でした。

しかし、どんなに強くても難関の三段リーグで勝ち抜くのは大変です。藤井は今年4月に始まった三段リーグ(出場者は29人)の前半で7勝2敗の成績を挙げました。その後も白星を重ねて昇段争いに加わり、12勝4敗で9月の最終日を迎えました。残りの2局で連勝すれば昇段できる自力の立場でした。その1局目で坂井信哉三段に敗れましたが、ほかの昇段候補たちも敗れたことで、いぜんとして自力でした。そして2局目で西山朋佳三段に勝ち、四段昇段を果たしました。

藤井は今年の10月1日付で14歳2ヵ月の最年少記録で四段に昇段します。従来の記録は加藤一二三九段の14歳7ヵ月でした。中学生棋士の誕生は、加藤九段、谷川九段(四段昇段時の年齢は14歳8ヵ月)、羽生善治三冠(同15歳2ヵ月)、渡辺明竜王(同15歳11ヵ月)に次いで藤井が5人目です。また、三段リーグを1期で抜けたのは藤井が6人目です(全員が初出場の第1回三段リーグでの2人の昇段者を除く)。

三段リーグで2位に入った大橋貴洸三段(所司和晴七段門下・23歳)も四段に昇段しました。三段リーグの在籍は12期目でした。3位の次点は黒田尭之三段(畠山鎮七段・19歳)。私は兄弟子の故・米長邦雄永世棋聖門下の杉本和陽三段(現在は伊藤能七段の預かり弟子・25歳)を個人的に注目していました。以前に次点の成績を取ったので、2回目の次点を獲得すれば、規定によって四段昇段とフリークラス編入の権利が生じます。しかし大橋三段、黒田三段らと同成績の12勝6敗ながら、順位下位によって5位となりました。

藤井四段の公式戦デビュー対局は12月に始まる次期の竜王戦になる見込みで、アマ竜王戦で実績を挙げた強豪アマと当たる可能性があります。

加藤九段は「現役最年長(76歳)の私が、21世紀生まれで最年少の藤井四段と対局できると考えるとわくわくいたします」と語りました。新旧の最年少四段昇段記録を持つ両者の対局をぜひ見たいものです。ただ愛知県在住の藤井は関西の所属になるので、順位戦での対局の可能性が最も高いです。そのためには今期のC級2組順位戦でぎりぎりの立場に追い込まれている加藤九段の奮戦に期待したいところです。

藤井は名古屋大学教育学部付属中学校の2年生。今後は将棋と学業の両立が課題になりそうですが、中学卒業後は高校に進学してほしいと思います。将棋界以外の世界で生きることは、決して無駄にはならないからです。同じ中学生棋士だった谷川九段、羽生三冠、渡辺竜王は、高校に通いながら盤上でも活躍していました。

 

|

対局」カテゴリの記事

コメント

こんばんわhappy01notepaper。ついに藤井聡太三段昇段ですか。名前は前々から知っていましたので『いずれは上がるだろうな』とは思っていましたが、『加藤先生の記録は抜けないだろう・・・三段リーグはそんなに甘くないはずだ』と素人らしい考えを持っていましたcoldsweats01。素人の読みは当たらないものですbleah。私は羽生先生と同世代で、羽生四段誕生時は中学生で『谷川名人(当時)以来の中学生棋士』と言われていた記事を見たときは『いつ谷川先生と指すのかなあ』と思い、NHK杯の活躍を見ていました。当時はインターネットや携帯電話中継がなかったので、プロ対局を見れるのははNHK杯だけでしたが、あの『対加藤戦▲5二銀』も拝見しましたし、その後の活躍も谷川先生と何十番も指されて、大きく勝ち越しなのですから、さすがです。渡辺明四段のときは、20代後半の私『・・・羽生先生にどれだけ迫れるのかなあ』と思っていましたが、迫るなんてものじゃないですねsmile。『20歳で竜王位』『初めて羽生王座から王座を奪った棋士』『初代永世竜王位を実現させた3連敗4連勝』・・・圧巻としかいいようがありません。・・・さて、加藤-谷川-羽生-渡辺明ときて、皆さんお気づきだと思うのですが『後輩がタイトル戦で先輩に勝ってタイトル奪取または防衛』という記録・実績が残っています。名人戦(加藤-谷川)・竜王戦ほか(谷川-羽生)・王座戦ほか(羽生-渡辺明)という記録です(敬称略)・・・と、なりますと藤井聡太新四段が、いずれ渡辺明先生からタイトルを奪う!?そうした『未来予想図』が浮かんできますが、さて・・・?いずれにしても21世紀の将棋界は面白くなってきたなあ、目が離せないなあ、と思いますが、今は暑く、台風の影響も大きいです。田丸先生ほか棋士の先生方、閲覧者の皆様も体調には充分気をつけて、お過ごし下さいhappy01paper

投稿: S.H | 2016年9月 4日 (日) 18時19分

田丸氏に同意します。
藤井くんには高校に進学してほしいです。より正確には、高校卒業程度の学力を身に着けてほしいです。
第1回、第2回電王戦に出場した伊藤英紀氏は「10年後になくなる職業に14才で就いてどうするんだ」とtwitterで発言していて、私は笑ってしまいましたが、そうなっても(10年後にプロ棋士という職業がなくなっていても)困らないように、藤井くんには十分な教養を習得してほしいです。
ただ、教養以上に心配なのは豊かな人間性が育つかどうかです。プロに入れば、強い将棋の指し方や礼儀作法は自然と覚えていくでしょうが、よほど注意していないと視野は極限まで狭くなると思います。最低限、次の道徳観は覚えておいてほしいです。
「将棋が強いからといって、人として偉いわけではない」
将棋の世界から一歩外に出れば上は言うまでもないのですが、プロ棋士はほぼ全員、こんな当たり前のことすら忘れかけてしまっているでしょう。だから、大多数の先輩たちが言うことでも大間違いがある、と常に心掛けてほしいです。棋士である前に、一人の人間であることを忘れないでください。礼儀作法が身に着いたからといっても、外見が整っただけで、内面が豊かになったと限らないことを忘れないでください。
藤井くんに直接送るべきメッセージになってきたので、この内容はコピーして、手紙で送るつもりです。妬みに満ちた批判メッセージの一つと捉えずに、また、批判の数百倍は来るであろう称賛メッセージに洗脳されずに、藤井くんには私の手紙を読んでもらいたいです。

投稿: 未来視 | 2016年9月 6日 (火) 10時49分

藤井聡太三段、四段昇段!ニュースになりました。今回はなんていうのだろうか。というのも「神武以来の天才」でしたか加藤九段評。まだA級にならないと分かりませんね。毎年昇段でも4年はかかりますか、楽しみですね。
10年後に職業としての棋士はなくなるですか?きついお言葉です。そうすると先に囲碁棋士がなくなるのでしょうか?次に将棋棋士ですか?でも人の巻き返しがあると思います。作った者が敗けぱなしはないでしょう。ここはプロ棋士に期待したいですね。今は完敗に近いけれど、敗けていない棋士もいます。それは評価しないといけません。タイトル保持者が敗けるまでは分かりません。(全くの私見)あと気になったのは藤井くんと呼ぶのはどうでしょうか?昔、羽生くんと呼んでいたこともありましたが、段づけで呼ぶか先生、さんづけで呼んでほしいところですね。ファンの内内では有名スターも呼び捨てや皆が呼んでいる名で言い合っていますが、公然ではさんは付けています。田丸先生の敬称略は文章ですのでよくありますので気にはなりません。やや気に過ぎかもとは思いますがどうでしょう。

投稿: 千葉霞 | 2016年9月 8日 (木) 17時55分

14歳2ヵ月の最年少記録で藤井聡太・新四段誕生。
「ビッグな新星の誕生にメディアも注目し、その日のうちにテレビやネットで速報され、翌日には朝刊の1面に記事が載りました」まさにこの通りでした。いいニュースです。将棋界も久々の快挙でした。ファンが増えるといいですね。今はやや沈滞気味な感がありました。後は女性棋士誕生に期待がかかりますが、里見さんは負け越し、西山朋佳さん勝ち越されてまずまずでした。次回が楽しみです。

投稿: 東京散歩人 | 2016年9月11日 (日) 12時32分

14歳2ヵ月の最年少記録で藤井聡太・新四段誕生はとても喜ばしいですね。
谷川会長もリニューアルしたホームページで紹介していました。連盟のホームが極端なチェンジで新鮮かつ驚きました。さてと、ただ残念だったのは引退棋士と物故棋士のデーターがあれっと思う程簡略されたことです。大山名人は「1948年八段、 1958年九段、 1976年十五世名人を襲名」が詳細データーらしいです。顔写真もなくなりました。以前はこのページを横にした位はあった気がします。少し寂しい気分になりました。どこにも隠れていなかったので前記程度ではなんだろうな?ですね。

投稿: 田舎棋士 | 2016年9月12日 (月) 20時59分

14歳2ヵ月の最年少記録で藤井聡太・新四段誕生はいい響きですね。でも残念なのはこういう時必ず水をさす御仁がいるもんですね。10年後になくなる職業に14才で就いてどうするんだ…はきついな!ただし、スイッチ押さないと動作しないし、開発者さんが付きっ切りではどうなのだろうCPUは?やはり某棋士に曰く、人が考えて棋譜を作り上げていく…に尽きるのではないだろうか。所詮は人の操作する高級な、究極のおもちゃになっている気がするCPU棋士さん。そういえば対局にあたっての規制が検討されているそうですね。なにやら不正疑い、外出や中座中にcpuで検索する?これは大いに考えられそうではある。今のところは棋士以上の検索、思考力が上回っているのだから使わない手はないとは当然かもしれない。疑わしい行動はしないことでしょう。自分の頭で考えることが本筋です。何かしら疑わしさがあったればこそ、CPU機器の監視が言われだしたのでしょう。不正はないとは言えないかもしれません。信じたいですね。でも急に強くなって、棋風も少し違って、CPU的な指し方…タイトル取っちゃったとなってしまった?かもの噂があったり、なかったり??ところで王将戦と王位戦はニコニコ中継がないのですか?羽生さん王位防衛!木村さん残念!動画で見たかったです。木村さん疲れた様子の静止画。お二人の健闘されている場面は見たかった。

投稿: 将棋九段 | 2016年9月27日 (火) 19時17分

藤井プロ!おめでとうございます!

将棋文化検定でも中学生の1級がいましたね!

藤井君と文化検定1級中学生の雑誌紙上対談

「将棋界の将来はボク達に任せて下さい!」

なんていうのも楽しそうです!(冗談ですが)

田丸先生におかれましては、
棋士道45年、ファンを楽しませて頂きまして
ありがとうございました!

投稿: メディカル・サカイ | 2016年12月 9日 (金) 14時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/545452/64155277

この記事へのトラックバック一覧です: 14歳2ヵ月の最年少記録で藤井聡太・新四段誕生: