将棋棋士 田丸昇の と金 横歩き

2015年4月14日 (火)

名人戦(羽生名人―行方八段) 第1局の前夜祭と勝負、田丸がニコニコ生放送で解説

名人戦(羽生名人―行方八段)<br />
 第1局の前夜祭と勝負、田丸がニコニコ生放送で解説

名人戦(羽生善治名人―行方尚史八段)第1局は4月8日・9日に東京・目白「ホテル椿山荘」で行われ、7日の前夜祭には約400人の関係者と将棋ファンが参加しました。
両対局者に花束を贈ったのは遥菜さん(中学1年)と璃子さん(小学5年)。

挑戦者の行方八段は「これまでの名人戦の前夜祭では、後方でお酒を飲んでいたのが定跡でした。名人戦では全力を出し切って勝ち、来年のこの場でまた会えるようにしたい」と挨拶しました。

羽生名人は「この舞台に立てるのは誇りであり名誉です。今夜は内藤先生(国雄九段)が乾杯の音頭を取りました。加藤先生(一二三九段)と同じように、将棋を長く指す秘訣は猫をこよなく愛するのが共通点なんですね」と挨拶しました。

名人戦(羽生名人―行方八段)<br />
 第1局の前夜祭と勝負、田丸がニコニコ生放送で解説

特別ゲストは、今年の3月で引退した関西の内藤九段。羽生名人が56年間の現役棋士生活をねぎらって花束を贈りました。

名人戦(羽生名人―行方八段)<br />
 第1局の前夜祭と勝負、田丸がニコニコ生放送で解説

昨年の夏に『破門』で直木賞を受賞した作家の黒川博行さん。将棋を愛好する黒川さんのエピソードについては、昨年9月23日のブログを見てください。

名人戦(羽生名人―行方八段)<br />
 第1局の前夜祭と勝負、田丸がニコニコ生放送で解説

私は名人戦第1局・1日目の8日、ニコニコ生放送で解説を務めました。聞き手は貞升南女流初段。
将棋の解説の合間に、名人戦の記録、昼食の注文、両対局者のエピソードなどを話しました。1日目は指し手があまり進まないので、盤外の話をするのが私のいつもの形です。それらをいくつか紹介します。

◆行方は41歳3ヵ月で名人戦に初挑戦。45年前の灘蓮照九段の43歳に次ぐ年長記録◆過去50年の名人戦で初挑戦した棋士は18人。第1局の成績は9勝9敗で、勝者のうち4人が名人を獲得(中原誠十六世名人、谷川浩司九段、羽生名人、丸山忠久九段)◆過去7期の名人戦第1局の振り駒で「歩」は3回、「と金」は4回。羽生は7回のうち、先手番になったのは1回だけ。今期も後手番になった◆羽生の過去7期の名人戦第1局の昼食で最も多いのはピザ。今年は1日目はサンドイッチ、2日目はピザ◆行方は2年前に羽生に挑戦した王位戦の計5局・10回の昼食で最も多いのはカレーライス。今年の名人戦第1局の昼食は両日ともにビーフカレー◆故人を含めて指したい棋士は、両者ともに升田幸三実力制第四代名人◆タイムマシーンで行きたい時代は、羽生は未来、行方は昭和初期◆行方はロックが好きで、若い頃はミュージシャンになりたいと思った

名人戦(羽生名人―行方八段)<br />
 第1局の前夜祭と勝負、田丸がニコニコ生放送で解説

名人戦第1局は、矢倉模様から類似の実戦例が少ない戦いとなりました。写真の局面の3手前にニコニコ生放送で次の一手を予想したとき、私は3通りの候補手の中に▲7六金と玉頭に上げる手を入れました。ひとつぐらい「変わった手」という軽い考えでした。実戦は行方八段が117分の長考で▲6八飛と2筋から転じると、羽生名人はその局面で封じ手をしました。そして2日目に△4三金左▲7六金と写真の局面に進み、私が予想した展開となったのには驚きました。

その後の戦いで行方八段に誤算があったようで、羽生名人は中盤で銀得する成果を上げました。行方の将棋は終盤が強いので、不利でもきわどい寄せ合いに持ち込むだろうと見ていたら、中盤であっさり投了してしまいました。60手で終局は名人戦史上で最短手数でした。7番勝負なので、行方が第2局に向けて気持ちを早く切り替えたいという考えはわかります。しかし一手違いの終盤の激闘を期待していた人は拍子抜けしたと思います。

そういえば「電王戦ファイナル」第5局(阿久津主税八段―将棋ソフト『AWAKE』)でも、開始から49分後の21手目の序盤の局面で、ソフトの開発者が投了を告げる結果となりました。その話は、いずれブログのテーマにします。

 

|

対局」カテゴリの記事

コメント

ニコニコ中継、楽しく拝見しました。
いつも通りデータ豊富で飽きません。
「名人戦検定」に使えそうなネタだなあと、感心しました。
自宅で、古いアナログ資料からメモを起こしている田丸九段の姿が垣間見えました。数字なんかはたぶん「正」の字を書きながらやっていたのでしょう(笑)

投稿: K島 | 2015年4月14日 (火) 17時34分

最近月下の棋士を読み返しましたが、巻末の老師のコラムがまた面白かったです。老師亡き今田丸先生こそが棋士の語り部だと思っております。残念ながら仕事でニコ生は見ることが出来ませんでしたが、内容を載せて頂きありがとうございます。今回もそうですが、田丸先生のお話は棋士を通じて将棋の歴史が見えてくるところが痺れます。最近は将棋漫画も増えていますが、是非田丸先生の監修された漫画も読んでみたいと思いました。

投稿: | 2015年4月14日 (火) 23時07分

行方さんの6八飛は教室の仲間の間でも話題となりました。
玉飛接近というセオリーに反する形でこれで勝算があるのだろうかということですがプロの指し手の意味がアマにわかるはずもなく固唾をのんで見ていました。
まさかの60手投了でしたがこれもまた将棋の醍醐味でしょう
それよりも電王戦の21手投了は機械VS人間ではないような気がしました
(機械は投了していないはずなので)
第2戦も楽しみにしております。

投稿: こうめい | 2015年4月15日 (水) 00時45分

こんにちはhappy01papernote。関西人として、内藤先生への花束贈呈は嬉しかったですし、黒川先生が見えられていた事は『へえ、来てたんや』と感じました・・・ちょっとこぼれ話smile。3月1日の関西将棋会館でのA級順位戦最終局大盤解説会。日曜なので私も行ったのですが、その最前列に黒川先生がいらっしゃいました。最初見たときは、背が高く、胸板が厚く、写真のように鋭い眼光・・・『格闘家の角田信朗さんに似てるなあ・・・』と思いましたが、昨年、受賞記念で『将棋世界』にて森信雄七段との対談写真を思い出し、黒川先生と分かりました。昔『週刊将棋』で田丸先生が取材され撮った時の写真とは、だいぶ様変わりしていたので、ビックリしました。そして今回の前夜祭も、当時の解説会同様、ラフな服装だったんですねcoldsweats01。これが『黒川スタイル』なのでしょうか?今度は『関西・将棋の日』などにも来てほしいものですsmile・・・・名人戦第1局は、ちょっと拍子抜けしました。大激戦のA級順位戦を勝ち抜いた行方先生ですから、もう少しがんばるかな、と思っていたのですが・・・thinksweat02。でも気持ちを切り替えて第2局に向けて準備を進めていらっしゃることを期待していますhappy01rock。第68期の三浦八段(当時)のようにストレートで終わってほしくない、まずは1勝し、名人戦を盛り上げてほしいですねhappy02sign03

投稿: S.H | 2015年4月15日 (水) 16時14分

田丸先生ニコ中継ご苦労様でした。将棋の話題が豊富かちょっと強い先生が解説されると大変面白いです。前者は当然田丸先生。後者の候補は何人かいますが、自信家の藤井先生はしゃべりも面白いのでいいですね。手が当たらなくても「いやこれもあるんですよ」「あまり並べるとありすぎるから」的なごまかし風な(本当は例で挙げられるのですがあまり挙げてもですね)しゃべりもいいですね。ただ、将棋ばかりでは間が持たないので中継もアイデアを出していますね。結構つまらない構成が多いのですが、もっと田丸流を取り込んでほしいですね。似た将棋ありましたと事前にリサーチされた一番をサーット並べていくのはよかったです。相方の女流も刺身のつまだけではなくて、何かアイデアがほしいですね。MCなのですから、本職ではないといわれればそれまでですが、時折「かわい~い」などのコメントばかりではつまらない時もあります。コメントがやや下品なだけかもしれません。少しだけ女流に要望ですね。また和服美人(電王戦)は遠目はよかったですが、アップですと整ってはいましたがどちらかというと和服美人というよりは洋服系のモデルさんでお顔もそちら風でした。女流の方が断然和風似合いそうでその方には負けていませんでした。上げ下げ激しいコメントでした。

投稿: 千葉霞 | 2015年4月15日 (水) 19時23分

田丸先生はよかった。名人戦は「プロらしいといえば」そうなのでしょうが、それではあんまりだ!といわれても仕方がないのではないかと思います。行方挑戦者は何か趣向でもあったのでしょうか、研究の手を指していたのでしょうがよくはなかったようですね。やはりこの一番では得意中の得意の形で指して欲しかったです。受ける方が「これはどうも趣向を試している」ととれる将棋にしていることが感じられることがありますが、挑戦者はあくまで冷静に普段指し慣れた将棋で勝負して欲しかったと思います。全く田舎棋士でブツブツいっているのですが、いい将棋を見たいです。期待しています。行方さん頑張りましょう!(羽生名人のファンですが)

投稿: 田舎棋士 | 2015年4月16日 (木) 15時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/545452/61438233

この記事へのトラックバック一覧です: 名人戦(羽生名人―行方八段) 第1局の前夜祭と勝負、田丸がニコニコ生放送で解説: