将棋棋士 田丸昇の と金 横歩き

2014年3月19日 (水)

第3回電王戦第1局( 菅井五段―『習甦』) はプロ棋士が将棋ソフトにまたも黒星

第3回電王戦第1局(<br />
 菅井五段―『習甦』)<br />
 はプロ棋士が将棋ソフトにまたも黒星

第3回電王戦第1局(<br />
 菅井五段―『習甦』)<br />
 はプロ棋士が将棋ソフトにまたも黒星

第3回電王戦第1局(<br />
 菅井五段―『習甦』)<br />
 はプロ棋士が将棋ソフトにまたも黒星

第3回電王戦第1局(<br />
 菅井五段―『習甦』)<br />
 はプロ棋士が将棋ソフトにまたも黒星

5人のプロ棋士と5つのコンピューター将棋ソフトが団体戦形式で対戦する第3回電王戦が今年も始まりました。第1局の菅井竜也五段と『習甦』(しゅうそ)の対局は、3月15日に東京・江東区の「有明コロシアム」で行われました。

写真・上は、対局光景。左の機械は、将棋ソフトの指示に従って盤上の駒を操作する新登場のロボットアーム「電王手くん」。自動車部品メーカーが開発したものです。前回は、人間がソフト側に代理で座って駒を動かしました。

写真・上から2番目は、対局場の全景。普段はテニスや格闘技の試合が行われる競技場に特設の対局室が作られました。観戦者はいません。

写真・上から3番目は、東京・六本木の「ニコファーレ」で行われた大盤解説会。右は解説者の中村太地六段、左は聞き手の本田小百合女流三段。有明コロシアムでの大盤解説と併せて、ニコニコ生放送で二元中継されました。

写真・下は、有明コロシアムの外観。前回は、東京・千駄ヶ谷の将棋会館で全局が行われました。

第3回電王戦では、プロ棋士の対局者の一新、特設の対局場、ロボットアームの駒操作、持ち時間の変更(前回は59秒未満は切り捨てして各4時間、今回は考慮時間をすべて加算して各5時間)など、新機軸が出されました。

菅井は得意とする中飛車に振りました。前回は5局とも相居飛車だったので、電王戦で初めて振り飛車が見られました。『習甦』は手厚い駒組を築いて対抗しました。

私が対局場を訪れたのは午後の中盤の局面。菅井が飛車をどう活用するかが戦いの焦点でした。指し手がしばらく進むと、菅井の飛車は押さえ込まれた形となり、菅井が苦戦という声が出ました。ニコファーレの写真(上から3番目)の左上には、「143」の数字が表示されています(右上は−143)。これは『習甦』の自己形勢判断で、ソフト側が少し有利という状況です。中村六段は「このくらいの数字なら、まだわかりません」と解説しましたが、その数字は次第に増えていきました。ちなみに1000以上になると、プロ棋士でも挽回するのは難しいそうです。

ロボットアームは対局開始の際、ぺこっと「お辞儀」の形をしました。そして対局中は、先端のカメラで盤面を認識し、吸引した駒を音を立てずに滑らかな動きで着手しました。駒を交換したり、駒を裏返して成る動きも、間違いなく行いました。

上から2番目の写真は、夕食休憩(午後5時〜5時半)の時間帯でした。菅井は残り時間が切迫したのと形勢不利を自覚したのか、食事をしないで盤の前で読みふけっていました。

『習甦』は前回の電王戦第1局で阿部光瑠四段と対戦し、飛車を捨てて敵陣を強襲するじつに過激な攻め方をしました(結果は阿部の勝ち)。しかし今回は別人(別機?)のように、しなやかな受け方で菅井の攻めを封じ込めました。

そして『習甦』は反撃に転じると、鋭い寄せで迫って98手で菅井を破りました。菅井は通常とは違う環境と勝利への緊張感からか、消極的な手が目立ちました。いずれにしても内容的には完敗でした。局後に「ふがいない内容でしたが、総合的に見て自分よりちょっと強いと思いました」と語って、将棋ソフトの強さを率直に認めました。

菅井五段は160人以上のプロ棋士の中で、通算勝率が7割台(通算対局数が50局以上。羽生善治三冠など4人)という関西の21歳のホープです。『習甦』と事前に200局ほど練習対局して十分に準備してきました。それだけに菅井の敗戦はとても驚きでした。

前回の電王戦では、プロ棋士は将棋ソフトに1勝3敗1持将棋と負け越しました。私は、今回はプロ棋士の4勝1敗と予想しましたが、黒星発進で暗雲が立ちこめました。

電王戦の第2局以降は3月22日から毎週土曜日、東京「両国国技館」・大阪「あべのハルカス」・神奈川「小田原城」で行われます。私は東京の将棋会館で行われる第5局で立合人を務めます。何とか2勝2敗の五分に持ち込めば、大いに盛り上るのですが…。

【追記】読売新聞で3月11日から4月1日までの毎週火曜日、私は夕刊(全国版か東京版かは不明)の「一手千金」という随筆欄で連載しています。

|

対局」カテゴリの記事

コメント

ニコ生でずっと見ていました。
ソフトは驚くような差し回しを見せていたと感じました。
対して菅井五段は本来の持ち味をあまり出せていなかったように感じました。
やはり「負けられない」というプレッシャーは想像以上だと思いました。
勝って得るものは無く、負けて失うものが大きいという戦いは棋士側にとっては圧倒的に不利です。
このままではいずれ羽生、森内、渡辺の3強を、という雰囲気になってしまうのだろうかと思います。昨年もウサイン・ボルトが自動車に負けてもボルトは弱いと言えない、と感想で述べましたがミスしない、プレッシャーを感じない機械が人間より優れているとは言えません。
電王戦の存在意義はソフトの優秀さひいてはそれを作成する人間は凄いという事を示すものなのでしょうか?

投稿: こうめい | 2014年3月19日 (水) 12時46分

今回の対局に関しては、負けた菅井五段を責めるのではなく、勝った習甦を誉めるべきでしょう。
中終盤の指し回し、時間の使い方、評価関数……いずれも素晴らしいの一言で、開発者の竹内さんも出来た方だと思いました。
ヒトが敗れたのは残念ではありますが、綺麗な棋譜が出来て観ていてとても感動しました。
そもそも習甦は振り飛車に対しては異常なほど強い、という阿部四段の記述もあります。
練習対局200局の勝敗も知りたいところですが(笑)
おそらく会見で「習甦の方が少し上」というのは、この200局でいくばくか負け越しているのではないか、と予想しています。
もちろん将棋はそれほど簡単なものではないだろうし、プロが本気で研究すれば10年後ソフトを上回ることは十分ありうることだと私も思いますが。
いずれにせよ、これからはソフトとの「共存共栄」、うまく活用していければ、と思います。
田丸先生も習甦と指しまくればもう一度NHK杯予選突破のワンチャンスがあるかもしれません(笑)

投稿: LMN | 2014年3月19日 (水) 16時39分

電王戦第1局はとても清々しかったですね。
両者とも力の限りをぶつけ合って戦う姿に感動しました。

電王手君がお辞儀をするのが愛嬌があって可愛かったです。
真剣勝負の中、唯一の癒しといった感じでした。

敗れたとはいえ将棋界を背負って戦った、若き天才プロ棋士菅井竜也五段に心からの拍手を贈りたいと思います。

投稿: フライドポテト | 2014年3月19日 (水) 20時51分

残念です。前記事でもコメントしましたが、プロに甘いファンが多すぎです。プロの普段の力とはなんでしょうか。機械の習甦はプレッシャーを感じないから勝ったというコメントはやめましょう。プロが本気で研究すれば勝てるもよくありません。今回は本気ではなくやったので負けたのでしょうか。菅井さんも「すこし習甦の方が強かった」とコメントされたようです。ひとえにプロの研究不足でしかありません。また、経験不足でしょう。あとの棋士で勝てるのでしょうか?1勝が期待ではないでしょうか?対戦ソフトもランクが上がってきます。より手ごわくなります。A級が通じなかった前回の反省はどうされたのでしょうか。私はあまり「よいしょ」しない方なので書いています。ソフトに考えさせる手を捻出することがプロでしょう。奇抜ではなく、新手に近い手を指さないとありきたりでは考慮時間なしで指されてしまいます。イベントだからといっても真剣勝負でやってもらいたい。プロに恥をかかせたくない気持ちは私自身、誰にも負けないつもりでいます。負けてよかったはないと思います。ご無礼の段は平にお許しください。

投稿: IT男 | 2014年3月20日 (木) 10時55分

電王戦よかった。「電王手君がお辞儀をするのが愛嬌があって可愛かったです」のご意見いいですね。中継でのコメントも大騒ぎでした。駒が成った時もですね。イベントですね!菅井先生が電王手君に挨拶を返されたのもOKでした。勝ち負けは出るでしょうが、プロの先生方はソフト対策はあまりされていないと思います。普段の対局の準備などで暇がないでしょう。様々なスケジュールの中の、これはイベントに入るかな?確かに10年研究論には賛成ですが、それですとソフトは100倍強くなっています。将棋連盟の中に対策部を作って研究していくことでいいのではないでしょうか。確かに、人対ソフトはプレッシャーはかかります。力も出ないかも知れません。ただ、人対人もプレッシャーはありますよ。昔、佐瀬先生、米長先生、田丸先生更には二上先生、加藤先生と対した時はびびりましたね。圧力はすごいですね。多面指しでも相当な圧力でした。一概にプレッシャーは語れません。
当面はイベントでいいのではないでしょうか。電王手君、人型ロボットにしてほしいです。もう少し楽しませてください。

投稿: 千葉霞 | 2014年3月20日 (木) 11時15分

電王戦楽しかったです。意見は多々ありましょうが、お祭りだ!でいいのではないでしょうか。プロ棋士の先生方も本気モード全開というポーズですが?いい迷惑でしょう。事前調査ができない、できても当日はまるでランクアップされたCPUで対戦ですから!CPUの能力の公開が必要です。ITの力からいえば、対菅井戦用モードセットは簡単なはずです。どの棋士あいてでも同じです。オールマイティの棋士には苦戦しそうです。奇抜な手ではなく考慮された「羽生マジック」「升田の新手」「内藤の空中戦」等がソフト相手ひいては将棋界を制する将棋力ではないかと思い、勝負を応援する弁です。

投稿: 東京人 | 2014年3月21日 (金) 14時43分

電王戦で2敗、プロの負けに失望しています。将棋の世界は勝負の世界。勝ちにこだわる。そのプロが負けるという事実。コンピュータが見せる新手・珍手にプロが動揺し、対応できない事実、いったいプロは何を研究、努力をしてきたのか。それらをコンピューターは感情がないから、疲れないからと片付けていたら、もうプロは用済みだと思います。
プロ同士が戦うより、プロとCPの戦いのほうが面白い。人気がある。それが事実、スポンサーもついていきます。棋戦のトーナメントの一枠をCPに与えて、やってもらう。そういう時代になる。そしてタイトルとられる。
指導もプロよりCPにしてもらう。将棋の本も戦力分析にCPの批評が載る。
田丸先生はブログに電王戦に取材されて、将棋界の将来を憂いはないのでしょうか。将来のプロの生活や在り様については、どう考えていらっしゃいますか。

投稿: 将棋太郎 | 2014年3月23日 (日) 10時49分

「一番弱い将棋ソフト(電王戦出場の中)に一番強いプロ棋士が負けた」
この事実を多くの将棋ファン、プロ棋士はどう受け止めているのだろうか!
私も唯一プロが勝利すると予測していた、菅井五段が負けてショックでした。何故負けたか、先ちゃんの観戦記よんで納得しました。
http://news.nicovideo.jp/watch/nw995987
赤外戦ロボットアームにも驚きましたが、事前にプロにソフト貸し出して
200局近く対戦して、負けたのには驚きました。comの欠点は対戦すれば
するほど弱くなる、一度負けた将棋で大幅な手の(評価関数)変更ができない、まさに「10年後は8割のエリートはいらなくなる」それを予感
させる一局でした。

投稿: オンラインブログ検定 | 2014年3月24日 (月) 00時54分

電王戦第2局は事前はいろいろあったものの、対局では双方に読み落としなどもあり非常に熱戦になりました。しかし、終局後の会見は非常に後味の悪いものとなりました。
会見で、磯崎氏は本局で勝ったにもかかわらず佐藤六段について「練習では勝ち越している思う」と敬意を払ったのに対し、佐藤六段もさらには片上理事も磯崎氏や磯崎氏が生み出したすばらしいソフトに対して全く敬意を払いませんでした。
くしくも1年前、内海桂子師匠は「将棋の世界は礼で始まり礼で終わるはず。」とTwitterで書かれています。このことはたとえ相手が開発者であろうと同じであるべきと思います。
今回の態度は禍根を残すものであり猛省すべきと事思いますので、是非田丸九段も確認していただき、将棋連盟で話し合っていただければと思います。

投稿: | 2014年3月24日 (月) 20時49分

ソフト開発者に礼を尽くさなかった?負けて余裕がなかったんだろう。勝つつもりでやっているからな。初めから相手にはしていないんだよ。所詮機械遊び程度の認識なんだな。過去の対戦の結果を反省しておらんよ。なぜ負けるんだ!ばかり考えているんだろう。羽生や渡辺、森内が出れば勝てるからと思っておるんじゃよ。菅井が一番強いといっておるコメントがあるが、プロにならなかった人にも強いのいるよ!プロはお宅、遊びが仕事になっただけだから、もっと周りは謙虚にならんといかんね。田丸先生はどうだろう?

投稿: 将棋九段 | 2014年3月25日 (火) 11時46分

電王戦良いのか、悪いのか?今回はソフト側へ条件提示し、将棋棋士有利な環境にしたそうですが?そもそも人選がどうだったかも敗因(:まだ2連敗でしたが)の一つではないか。一番強い(若手の一部ではの間違い?)菅井棋士、コンピューター相手の将棋には向いている?佐藤棋士らはどうなのかと思いますね。3番手あたりが本命棋士でしょう。真剣に対応されているのかどうかが分からない。出たい人方式が強いのではないか。担当理事さんはどうなの?今は強さが以前ほどはないが、外国人女性の指導をされているのは大変結構。新人王は出してみないと。若手で一番は新人王でしょう。C2に長くいる人はだめでしょう。加えて出るとすれば各級でもトップクラスを出さなくてはいけません。今が全盛の棋士を出すべきですね。お祭り表現のコメントが出ていましたが、それも相手からハンデ(条件)をもらっては違ってきます。まだ対戦するのが早すぎたのではないですか?羽生さんがあと10年といってからまだ2年位しか経ていない。コンピューターが戦える状態というより、棋士が戦える状態、条件も整うの意味合いが含まれていたような気がしています。米長さん流のパフォーマンスが見切り加速させたのでしょうか。見てみたかったのかも知れません。コンピューター相手ですと案外素人の方がゲーム感覚で勝てる可能性が大きいと思えます。ゲーム制覇、クリアですね。ゲーム感覚が必要なのかも知れません。対局料付の真剣勝負感覚ではダメなのかも知れない。200戦で五分五分では完全クリアではありませんね。

投稿: 囲碁人 | 2014年3月27日 (木) 11時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/545452/59318841

この記事へのトラックバック一覧です: 第3回電王戦第1局( 菅井五段―『習甦』) はプロ棋士が将棋ソフトにまたも黒星:

» 将棋:第3回電王戦 プロ黒星発進  全敗しちゃうかも知れませんo(;△;)o [自分なりの判断のご紹介]
これは本当にまずいですよ。 将棋:電王戦 プロ黒星発進 将棋のプロ棋士とコンピューター 将棋ソフトの5対5の対抗戦、 第3回電王戦が15日、東京・ 有明コロシアムで開幕した。 第1局は「習甦(しゅうそ)」 (開発者・竹内章氏)が菅井竜也 五段(21)を98手で降し、 ソフトが先勝した。 昨年はソフトが3勝1敗1分で 勝利。 唯一負けたのが「習甦」です。...... [続きを読む]

受信: 2014年3月20日 (木) 17時18分