将棋棋士 田丸昇の と金 横歩き

2011年3月11日 (金)

田丸流の相振り飛車、テレビ将棋の感想戦、反則の指摘などのコメントへの返事

「田丸八段は相振り飛車にして玉を飛車側に囲う形をよく指されました。どんな経緯で思いつかれたのでしょうか」というコメント(1月21日)は《spinoza05》さん。

通常の相振り飛車は、玉を飛車と離して右側に囲います。玉を左側に囲う利点は、相手の攻撃をじかに受けないことです。私が公式戦でよく指したのは、まず6筋の位を取ってから<▲7八玉▲8九飛▲6六角▲7七桂▲6七銀▲5七銀▲5八金▲3八金>と組む形です。飛角桂の攻め駒が相手陣をにらみ、金銀のバランスが好型です。私は若手棋士時代、相居飛車から「右玉」の戦型(▲3八玉▲2九飛の形)が好きでした。それを「左玉」にアレンジしたものが、田丸流の相振り飛車なのです。

「NHK杯戦や銀河戦のテレビ将棋は、文字放送を導入すべきだと私は考えています。感想戦で対局者の声が小さすぎて、何を言っているのかよくわからず、いらいらしてしまうからです。要所の局面では、番組制作者がテロップを画面に表示して説明すれば、視聴者は理解しやすいです」という内容のコメント(1月29日)は《吉澤はじめ》さん。「NHK杯戦で対局者はピンマイクを付けているのに、感想戦では小声でもごもご言ってよく聞こえません。ぜひ改善してほしいです」というコメント(3月8日)は《チャンク》さん。

テレビ将棋での感想戦は、その将棋の流れを振り返りながら、対局者の読み筋を知ったり勝因や敗因を確認する意味で、視聴者はとても参考になると思います。しかし前記の方たちの指摘のように、対局者の感想が意味不明瞭だったり、小声で聞き取れないことがよくあります。そんなときは司会者(NHKは矢内理絵子女流四段)が間に入り、感想戦の進行を整理したり、対局者の感想をはっきり確認するのが望ましいと思います。ただ司会者の女流棋士は対局者に遠慮しているのか、感想戦を「仕切る」形にはなっていません。

対局者は終局直後、通常の心理状態ではありません。勝者はほっとした脱力感、敗者は悔しさによる虚無感が生じます。そんな状態で感想戦に入れば、つい小声でもごもごと話してしまうのは仕方ないと思います。それは長時間の対局でも同じです。対局者が平静な気持ちになってはっきり語れるのは、だいたい終局して30分以上たってからです。

感想戦の要所の局面で、画面にテロップを表示して説明するのは名案だと思います。将棋番組は生放送ではないので、技術的に難しくなく、専門的なことはだれか棋士が監修すればいいでしょう。NHKの将棋番組担当者と会う機会があったら、提案してみます。

「私の実戦(▲側が私)で、▲8二銀△○○▲9一銀不成△○○▲8二銀成と進んだのですが、記録係の書いた棋譜用紙には▲8二銀△○○▲9一銀成△○○▲8二成銀と書いてあり、しばらく進んだ時点で審判員にそれを指摘され、協議の結果、私の反則負けとなりました。1人の観戦者が▲9一銀不成だったと言ってくれましたが、駄目でした」というコメント(2月25日)は《まさき》さん。

▲9一銀成から▲8二成銀と指せば、たとえ残り時間が切迫している状況でも、記録係や相手の対局者はたいがい気がつくはずです。明らかに記録係の記載ミスです。そもそもアマの大会では、棋譜用紙に誤りが生じるのはよくあることです。ところが、その棋譜用紙を優先事項にして反則負けに決めたとは、理解しがたいです。私見では、対局中の盤面をあくまでも優先すべきだと思います。

次回も、コメントへの返事。

|

対局」カテゴリの記事

コメント

4月からNHKの対局が10:15から10:45になり、10分短くなるようです。
講座も15分短くなります。
衛星放送の土曜のジャーナルがなくなり、11:45-12;15でそのかわりがあるようですが。

今まで熱戦で時間一杯で感想戦がないことがよくありましたが、
時間短縮で今後ますます少なくなりそうです。
何か間違った方向のような気がします。
改悪ではないでしょうか。
せめて録画ですので序盤の長考をカットして感想戦充実してほしいです。

またBSの再編成の余波かも知れませんが土曜のジャーナルがなくなります。
相撲もよく考えたら5月以降確か1:00からの放送がなくなると以前ありました。
そこで気になるのが名人戦、竜王戦は今までのようにBSで放送あるのでしょうか。
BS再編成でなくなるような気がしてたまりません。
またあったとしても時間大幅短縮ではないでしょうか。
何もアナウンスないので気がかりです。
もしわかれば教えてください。

投稿: 関西関西 | 2011年3月11日 (金) 12時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/545452/51090028

この記事へのトラックバック一覧です: 田丸流の相振り飛車、テレビ将棋の感想戦、反則の指摘などのコメントへの返事: