将棋棋士 田丸昇の と金 横歩き

2011年3月

2011年3月31日 (木)

丸山九段の冷却シート、NHKの将棋番組、香落ち戦のコメントへの返事

「A級順位戦最終局でネット上で話題になったのは、丸山忠久九段が対局中に頭髪の上に冷却シートのようなものをしばらく貼ったことです。あれはどういう意図があったのでしょうか」というコメン...続きを読む

2011年3月28日 (月)

プロ棋士が犯した様々な「反則」の中で最も多いのが「二歩」

「反則といえば、真っ先に思い浮かぶのは淡路仁茂九段ですね」というコメント(3月5日)は《永世棒銀》さん。「そんなに印象に残る珍反則ですか。内容を知りたいです」というコメント(同)は...続きを読む

2011年3月25日 (金)

名人戦の契約をめぐる大新聞社の葛藤と升田、大山の影響

名人戦は毎日新聞社と朝日新聞社の共催で行われています。新聞に掲載される名人戦7番勝負やA級順位戦の対局では、観戦記者・解説者・担当記者が両紙で違い、それぞれに紙面を工夫しています。...続きを読む

2011年3月22日 (火)

59年前の王将戦で升田幸三が木村義雄との香落ち戦を対局拒否した「陣屋事件」

神奈川県秦野市の「陣屋」旅館は、将棋・囲碁のタイトル戦でよく使われています。私が立会人を務めた先日の王将戦第6局の対局場にもなりました。丹沢山塊の地下水源が湧き出る鶴巻温泉の元...続きを読む

2011年3月18日 (金)

大震災と停電で慌ただしかった王将戦(久保王将―豊島六段)第6局で久保が勝って王将初防衛

「東北関東大震災」が勃発して世の中が騒然とし始めた今週の3月14・15日。王将戦(久保利明王将―豊島将之六段)第6局が神奈川県秦野市・鶴巻温泉「陣屋」で行われ、私は飯野健二七段...続きを読む

2011年3月13日 (日)

東北地方の大地震による被災者、被災地にお見舞い申し上げます

3月11日午後2時46分、三陸沖を震源地とした「東北地方太平洋沖地震」が起きました。地震の規模を示すマグニチュードは8.8と世界最大級(地震エネルギーは阪神大震災の200倍以上との...続きを読む

2011年3月11日 (金)

田丸流の相振り飛車、テレビ将棋の感想戦、反則の指摘などのコメントへの返事

「田丸八段は相振り飛車にして玉を飛車側に囲う形をよく指されました。どんな経緯で思いつかれたのでしょうか」というコメント(1月21日)は《spinoza05》さん。 通常の相振り飛...続きを読む

2011年3月 8日 (火)

女流棋士教養講座で田丸が女流棋界の歴史を解説

将棋連盟は昨年9月から、文化庁の事業の一環として「女性将棋指導者育成事業」を定期的に行っています。対象者は女流棋士、女流棋士をめざす研修会員、普及指導員、有段者のアマチュアなど...続きを読む

2011年3月 4日 (金)

A級順位戦の最終戦で森内九段が名人戦挑戦者に、降級は木村八段、藤井九段

A級順位戦の最終戦・全5局が、3月2日に東京の将棋会館で一斉に行われました。カードは、森内俊之九段(6勝2敗)―久保利明二冠(4勝4敗)、渡辺明竜王(6勝2敗)―丸山忠久九段(3勝...続きを読む

2011年3月 1日 (火)

作家・山口瞳邸での「優雅な将棋会」と芥川賞・直木賞受賞者の将棋愛好家

歴代の芥川賞・直木賞の受賞者の中には、将棋を愛好したり、観戦記を書いたり、棋士と交友したり、将棋を題材にした作品があったりと、将棋や棋士と何らかの関わりがあった作家が意外と多く...続きを読む