将棋棋士 田丸昇の と金 横歩き

2011年1月

2011年1月28日 (金)

フリークラスから順位戦・C級2組に昇級した吉田正和四段

フリークラスに所属する吉田正和四段(25歳)が1月19日に伊藤博文六段との対局(竜王戦)に勝ちました。その結果、直近の通算成績が20勝10敗(0.667)となり、規定によってフリー...続きを読む

2011年1月25日 (火)

反則が確認された場合の第三者の指摘について

「対局者が反則をした場合、将棋連盟の規則では第三者も反則を指摘できるとなっています。確かに泥棒を見たら通報するのが当然ですが、将棋は別だと思います。第三者が反則を指摘するのは、広い...続きを読む

2011年1月21日 (金)

大山戦での手法・相振り飛車、棋士の廃業などのコメントへの返事

「田丸八段が大山康晴十五世名人との大一番で、3手目に▲6八玉と大胆な手を指したのを記憶しています」というコメント(12月3日)は《田舎天狗》さん。 大山十五世名人との大一番とは、...続きを読む

2011年1月18日 (火)

漫画家と将棋の意外な関連と将棋漫画あれこれ

先々週の「モーニング」誌の将棋漫画『ひらけ駒!』(南Q太)には、私が主人公の母子とたまたま隣り合わせた場面に登場しました。それにしても、近年は『ハチワンダイバー』(柴田ヨクサル...続きを読む

2011年1月14日 (金)

「モーニング」誌の将棋漫画『ひらけ駒!』の第1話に田丸がなぜか登場

先週に発売された漫画誌「モーニング」(講談社)で、『ひらけ駒!』という将棋漫画の連載が始まりました。主人公は、将棋に熱中している小学生の《宝》と、その息子を暖かく見守る母親です...続きを読む

2011年1月11日 (火)

現役棋士生活40年、イギリス棋界の事情、漫画誌登場のコメントへの返事

私が今年の春に現役棋士生活40年目を迎えることについて、《穂高》さんからは「何事も、現役で40年続けるというのは大変なことですね。心・技・体が揃わなくては叶わないことだと思います」...続きを読む

2011年1月 6日 (木)

田丸は今年の春に現役棋士生活40年目を迎えます

謹賀新年。本年も、このブログのご愛読をお願いします。 私は1972年(昭和47年)2月22日、奨励会・三段リーグの「東西決戦」に勝って四段に昇段しました。そして72年度の順位戦に...続きを読む