将棋棋士 田丸昇の と金 横歩き

2010年8月

2010年8月31日 (火)

千日手も生じて大激闘だった王位戦(深浦王位―広瀬六段)第5局

王位戦7番勝負(深浦康市王位―広瀬章人六段)第5局は7月24・25日に行われました。戦型は第1局・第4局と同じく、広瀬の振り飛車穴熊に深浦の居飛車穴熊。1日目から激戦が繰り広げ...続きを読む

2010年8月27日 (金)

NHK杯戦DVD化、将棋連盟財政、棋士志望などのコメントへの返事

「NHK杯戦の対局のDVD化はできないのでしょうか。全局は無理にしても準決勝・決勝だけでも実現すれば、多くの将棋ファンが喜ぶと思います。時代を彩った棋士たちの将棋を残すことは意義が...続きを読む

2010年8月24日 (火)

将棋人口、将棋資料、棋士志望などのコメントへの返事

「インターネットが発達して、タイトル戦の観戦にはとても良い環境になりました。ところで将棋人口は増えているのでしょうか?」とは『ムーミンパパ』さんのコメント(7月31日)。 政府系...続きを読む

2010年8月16日 (月)

渦中の小沢一郎も出席した「囲碁・将棋チャンネル」20周年パーティー

パーフェクTV、ケーブルテレビで放送されている「囲碁・将棋チャンネル」は、囲碁は竜星戦、将棋は銀河戦などを主催しています。そのほかに囲碁・将棋の定跡講座、棋界情報、お好み対局な...続きを読む

2010年8月13日 (金)

棋士生命にも影響する順位戦・C級2組の降級制度の変遷

第1期順位戦は1946年(昭和21年)に始まりました。第7期以降はA級からC級2組までの現行の5クラス制が定着しました。A級は10人、B級1組以下のクラスは各13人と定員制を設け、...続きを読む

2010年8月10日 (火)

終戦の翌年から始まった実力主義の順位戦制度

戦前の昭和初期の将棋界は、段位に絶対的な重みがありました。しかし年月がたつにつれ、最高位の八段同士で技量の差がかなりあったり、四、五段の棋士が八段に連勝したりして、段位主体の制度の...続きを読む

2010年8月 6日 (金)

引退に該当しても所定の成績で棋戦に参加できる制度が発効

前期順位戦で有吉道夫九段(当時74歳)はC級2組から降級、年齢規定によって引退となりました。しかしNHK杯戦では予選で3連勝して本戦に出場したので、さらに勝ち続けて優勝したらどうな...続きを読む

2010年8月 3日 (火)

羽生善治名人就位式で世界的指揮者の小林研一郎が音楽でお祝い

先週の7月30日、3期連続・通算7期目の名人位を獲得した羽生善治名人の就位式が東京・目白『椿山荘』で開かれました。名人戦が3年前から朝日新聞社と毎日新聞社の共催になって以来、名...続きを読む