将棋棋士 田丸昇の と金 横歩き

2010年4月12日 (月)

櫛田陽一六段との師弟戦は「ポンポン桂」の戦法

櫛田陽一六段との師弟戦

わが弟子・櫛田陽一六段のことを書いた4月5日のブログについて、「櫛田六段の四間飛車は最高です。すごく勉強になるし面白い。プロの中で一番魅せる振り飛車だと思っています」とは『通りすがり』さんのコメント。「将棋の世界の人間的な部分を拝見したようで、感じ入りました。櫛田先生頑張れ!」とは『五平餅』さんのコメント。どちらも櫛田を応援していただき、ありがとうございます。

近年の振り飛車は角筋を止めずに角交換するなど、以前はタブーとされた指し方も珍しくありません。櫛田は四間飛車を得意とし、大山康晴十五世名人、鈴木大介八段のタイプに近い振り飛車です。居飛車穴熊に対しては急戦の「藤井システム」を用いず、玉を銀冠の囲いに固めて受けて立ちます。いかにも振り飛車らしい指し方は、『通りすがり』さんのコメントのように勉強になると思います。

「友人の四間飛車に対して、田丸八段の著書に載っていた〈ポンポン桂〉を用いたら快勝しました。その後、友人はそれを逆用して私を苦しめるのです。私たちの中では、〈ポンポン桂〉は必勝裏定跡となっています」という内容のコメントは『ケイ』さん。

私の著書「振り飛車破りユニーク戦法」で解説している戦法のひとつが、『ケイ』さんが名付けた〈ポンポン桂〉です。じつは昨年の銀河戦・櫛田六段との師弟戦の対局で、私はその戦法を用いました。写真の局面は、下側の先手が田丸、上側の後手が櫛田(実際の先手番は櫛田)。櫛田の四間飛車に対して、私が▲3七桂と跳ねたところです。

写真の局面で△6四歩なら、▲4五桂と跳ねるのが奇手。『ケイ』さんは▲3七桂から▲4五桂の動きを〈ポンポン桂〉と表現しました。▲4五桂以下は△同歩▲3三角成△同桂▲2四歩△同歩▲同飛と、先手は桂を捨てて強引に角交換して飛車で2筋から破ります。

▲2四同飛の局面では、次に▲2一飛成から▲1一竜で香を取る手、または▲3五歩(△同歩は▲3四歩)で桂頭を攻める手が有力です。後手は桂得しても有効な使い道はありません。結論として、▲2四同飛の局面は先手が十分に指せます。

田丸―櫛田戦は、写真の局面から△3二飛▲2六飛△1四歩▲4六歩△6四歩▲6八金上△7四歩▲4五歩△4二飛▲3五歩△同歩▲4四歩△3四銀▲4六銀と進みました。

櫛田は▲4五桂を警戒して△3二飛と指しました。私はそれに対して、▲4六歩から▲4五歩と突いて角交換を狙いました。そして▲3五歩の突き捨てが好手で、▲4四歩に△同銀は▲3四歩△2二角▲2四歩△同歩▲同飛で先手有利です。実戦は▲4六銀以下、△4四飛▲4五歩△4二飛▲3三角成△同桂▲3一角と進んで先手が指せる展開でしたが、▲4五歩では▲2四歩△同歩▲4五歩△4三飛▲3三角成△同飛▲2四飛も有力でした。

この〈ポンポン桂〉は、江戸時代からある古い定跡です。私はたまに用いますが、けっこう振り飛車を苦しめています。みなさんも、いちどお試しください。

次回は、27年前のNHK将棋講座の思い出。

|

対局」カテゴリの記事

コメント

田丸先生、こんにちは!先日、コメントさせて頂いた、マサヤです!ブログ更新、ありがとうございます!!今回、櫛田六段とのお話を載せて頂きありがとうございます!

今期竜王戦、お二方の5組昇級、又櫛田六段の6組優勝を期待して応援したいと思います!!頑張れーー、田丸八段、櫛田六段!!!

投稿: マサヤ | 2010年4月12日 (月) 15時31分

いつも楽しみにブログを拝見してます。田丸先生は居飛車党ですが、公式戦で振り飛車を指した事はありますか?最近は居飛車も振り飛車も指す棋士が多いですが、昔の居飛車党は振り飛車は絶対に指さないイメージがあるのですが。

投稿: サスケ | 2010年4月14日 (水) 00時53分

久々にコメントさせていただきます。私のコメントを取り上げていただき、光栄この上ありませんが、ポンポン桂と言う名前自体は、杉本昌隆七段著の“杉本昌隆の振り飛車破り”という本で拝見したものです。ポンポン桂で思い出したのですが、宮坂幸夫先生がよく指されていたようですが、宮坂先生と言えば、現在大流行している相掛かり引き飛車棒銀の先駆者でもあります。私が若すぎるからということもありますが、宮坂先生の事についてほとんど知らないのです。どのような方なのかなど、教えていただけたら嬉しいのですが…

(追記)私たちの間ではポンポン桂はまだまだ健在です。私は▲7八銀型で待つ事でなんとか、仕掛けを封じていますが、早く左金位置を決めてしまうのが不満なんです(泣)

投稿: ケイ | 2010年4月14日 (水) 17時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/545452/48064634

この記事へのトラックバック一覧です: 櫛田陽一六段との師弟戦は「ポンポン桂」の戦法: