将棋棋士 田丸昇の と金 横歩き

2010年4月30日 (金)

田丸自戦記の表題、ポンポン桂、宮坂九段、などのコメントへの返事

「浪人生の息子にもブログの記事のお話を聞かせてあげて親子の会話につながっています」とは『将棋好きの息子の母』さんのコメント(4月12日)。受験勉強で好きな将棋ができない息子さんの気分転換にこのブログの話をしているようで、お母さんの気持ちがよく伝わってきます。将棋が親子の絆になっているとは、とてもうれしい話です。

「田丸八段は振り飛車党ですが、公式戦で振り飛車を指したことはありますか」とは『サスケ』さんのコメント(4月14日)。私は公式戦での振り飛車は2~3局あります。いずれも若手棋士のころで、その後は性に合わないのでやめました。近年は5筋の位を取る昔風の変則的な指し方をよく用いていて、その流れで中飛車に振ることはあります。

「ポンポン桂という名前は、杉本昌隆七段の振り飛車破りの著書で見たものです。宮坂幸雄九段もよく指していたようです。その宮坂九段は、現在大流行している〈相掛かり・引き飛車棒銀〉の先駆者でもあります。宮坂九段とはどんな棋士なのでしょうか」という内容のコメント(4月14日)は『ケイ』さん。

〈ポンポン桂〉という攻め方が杉本七段の著書で解説され、宮坂九段がよく指していたとは、まったく知りませんでした。振り飛車党の杉本が振り飛車破りの指し方を解説するのは意外でしたが、自身が実戦で指されて困った経験があったのでしょう。ポンポン桂は江戸時代からある古い定跡です。宮坂は古典将棋に造詣が深かった故・富沢幹雄八段と研究仲間で、その関係からポンポン桂の威力を認識したのでしょう。

宮坂九段が〈相掛かり・引き飛車棒銀〉の先駆者ということも初めて聞きました。20年前の私と宮坂の2局の将棋では、宮坂は2局とも相掛かりの下段飛車から▲5七銀~▲4六銀と進めて攻めてきました。宮坂は地味な棋士でしたが、攻守にバランスがとれた実力者でした。その棋士人生については、いずれ紹介します。

「私が中学生のころ、将棋世界誌で読んだ田丸八段の自戦記の題が〈おっかない顔をして〉だったと思います。ユニークな題なので今でも鮮明に覚えています。じつは上京してから武市三郎六段と仲良くしていただき、一緒に居酒屋に行ったときに田丸八段がお見えになったのを記憶しています」という内容のコメント(4月18日)は『田舎天狗』さん。

その私の自戦記は将棋世界・1973年3月号に載りました。新四段として初参加したC級2組順位戦の田辺一郎四段戦でした。〈おっかない顔をして〉の表題は、私が尊敬する故・山田道美九段が順位戦の厳しさを表現した〈あたかも子供が自分の顔に泥をぬり、鏡をみて自分をこわがるように…〉という一節を参考にしたものです。私も顔に泥を塗っておっかない顔をして将棋を指し、厳しい順位戦を戦い抜こうという心境でした。武市六段と一緒に行ったという居酒屋は東京・中央線沿線にあり、私は今でも通っています。

それにしても、コメントを寄せる方々は昔のことをよく覚えていますね。そして、今でも将棋を愛好されていることが素晴らしいです。ほかの方々のコメントへの返事は、また改めてします。

次回は、5月5日の田丸の60回目の誕生日。

|

裏話」カテゴリの記事

コメント

私のコメントを取り上げていただきありがとうございました。山田道美著作集の日記を読むと山田先生の将棋に対する思いや昭和20年代の新人棋士の厳しい生活などが描かれ何度も読み返しても飽きません。先生の講座の端角中飛車をひっさげ私の属する支部の子供が全国大会で実力以上の好成績を上げたこともあります。中には9七の角で4二の玉を素抜いた将棋もあるようで(笑)
そういう意味でもありがとうございました。
武市先生と居酒屋に伺ったのは随分前ですが何事も継続は力なりですね。

投稿: 田舎天狗 | 2010年4月30日 (金) 12時27分

コメントを取り上げていただき、ありがとうございました。杉本七段の著書では藤井システムに対する、作戦の一つとして載っていたと思います。四間飛車の急戦の話を続けさせていただきますが、田丸先生が急戦を指された棋譜を見ると、よく見る船囲いではありませんでした…二枚金風の囲い(名前はわかりませんが)でしたが、船囲いと比べた時の利点と弱点はどのようなところなのでしょうか?櫛田六段との銀河戦もそうでしたよね?差し支えなければ教えていただきたいです。

投稿: ケイ | 2010年5月 1日 (土) 00時03分

コメントを取り上げていただき、ありがとうございます。
田丸先生の貴重な振り飛車の棋譜は見てみたいです。田丸先生のテンポの良い攻めの棋風には振り飛車は合わない感じでしょうか。居飛車党の指す振り飛車は、振り飛車党とは違った味わいがありますね。

投稿: サスケ | 2010年5月 4日 (火) 02時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/545452/48222738

この記事へのトラックバック一覧です: 田丸自戦記の表題、ポンポン桂、宮坂九段、などのコメントへの返事: