将棋棋士 田丸昇の と金 横歩き

2009年12月

2009年12月31日 (木)

来年はトラ年の年男で、3回目の「成人式」を迎えます

2009年を振り返ってみて、私は38年目の棋士人生でひとつの区切りをつけました。それが「フリークラス」への転出でした。 順位戦という「出世レース」(トップが名人)に参加しないフリ...続きを読む

2009年12月28日 (月)

「お魚好きね」と「お酒」で今年も健康な生活

テレビの情報番組で「お魚好きね」の食べ物を取ると健康に良いと知り、日々の食生活で実践しています。これは、7種類の食品の頭文字をつなげた言葉です。私の場合、そのうえに「お酒」を常備薬...続きを読む

2009年12月24日 (木)

社会情勢の変動で棋戦主催者の新聞社との契約にも影響

私たち棋士が所属する日本将棋連盟は、竜王戦・名人戦などの棋戦を主催する新聞社との契約金を主な財源として運営しています。連盟は新聞社に「将棋は日本の伝統文化」という位置づけで支援して...続きを読む

2009年12月21日 (月)

勝利祝福、昇段激励、題材提案、誤り指摘、などのコメントに感謝します

私が前回ブログで、竜王戦の対局で23歳の若手棋士・金井恒太四段に勝ったことを報告すると、勝利を祝福するコメントをいただきました。面識のない方(たぶん)にネット上で祝福や称賛を受けた...続きを読む

2009年12月17日 (木)

3ヵ月ぶりに勝利の美酒を味わった若手棋士との竜王戦の対局

私は若手棋士時代、「研究家の田丸」とよく評されたものです。すべての棋譜を集めて棋士別・戦法別に整理し、対局ごとに作戦を練りました。そうした地道な努力が実り、順位戦では8期目にB級1...続きを読む

2009年12月14日 (月)

竜王戦の前身棋戦は九段戦、十段戦

読売新聞社は1948年に「全日本選手権戦」という棋戦を発足し、1950年にそれが引き継がれて「九段戦」がタイトル戦として誕生しました。現行の「竜王戦」の前身棋戦でした。 戦後復興...続きを読む

2009年12月10日 (木)

竜王戦を4連勝で防衛した渡辺明竜王の1局単価は1000万円

今年の竜王戦7番勝負(渡辺明竜王―森内俊之九段)は、渡辺が4連勝して竜王6連覇を達成しました。1局1局はいずれも熱戦でしたが、渡辺は勝負の運が乗り移っているような見事な勝ちっぷりで...続きを読む

2009年12月 7日 (月)

降級が決まった最終戦で昇級候補に勝った4年前のB級2組順位戦

2005年3月。私はB級2組順位戦の最終戦で、土佐浩司七段と対局しました。当期は9連敗とまったく不振で、すでにC級1組への降級が決まっていました。一方の土佐は8勝1敗と好成績で、私...続きを読む

2009年12月 3日 (木)

相手棋士の「同情」を期待した21年前のB級1組順位戦・降級の一戦

1988年3月。私はB級1組順位戦の最終戦で、小林健二八段と大阪で対局しました。前期順位戦では昇級争いに加わり、次点でしたが10勝3敗の好成績を収めました。当期は勝ち将棋を落とした...続きを読む