将棋棋士 田丸昇の と金 横歩き

2009年11月

2009年11月30日 (月)

五段昇段と同時に相手棋士の首を切った35年前のC級2組順位戦

1974年2月。私はC級2組順位戦の最終盤で、関西の星田啓三七段と対局しました。私は当時、棋士2年目の23歳の四段。7勝1敗の成績で昇級をめざしていました。一方の星田は57歳のベテ...続きを読む

2009年11月26日 (木)

順位戦の最終戦での棋士たちの微妙な対局心理

「すでにAクラスに昇級が決まっている田丸さんが、負ければ降級する人と最終戦で対局し、勝ったことがあったような…。さすがはプロだなと思った出来事でした」という『穂高』さんのコメントが...続きを読む

2009年11月23日 (月)

菅直人さんが田中秀征さんと厚生大臣室で将棋

1996年7月。私は将棋連盟の関係者と一緒に厚生省を訪れ、厚生大臣の菅直人さん(現・副総理)に将棋の免状を贈呈する場に同席しました。経済企画庁長官の田中秀征さん(現・政治評論家)も...続きを読む

2009年11月19日 (木)

森田正光さんの気象解説の原型は将棋番組

「紅葉はとてもきれいですが、木が自分の老廃物や排泄物を葉に混ぜて地上に落としたもの。だから紅葉は1年に1回のウンコなのです」「今年はネズミ年なので、お天気にチュー意しましょう」 ...続きを読む

2009年11月16日 (月)

八方破れに指す俳優の森本レオさんの「高円寺」将棋

俳優の森本レオさんは将棋が大好きです。暇さえあれば東京・高円寺の酒場で将棋仲間と指しています。定跡にとらわれない八方破れの将棋が得意です。棋力は三段以上で、芸能界きっての強豪でしょ...続きを読む

2009年11月11日 (水)

将棋とお酒を楽しむ異業種交流会

私は異業種交流の飲み会にたまに参加します。新しい人脈ができたり意外な話が聞けて、なかなか楽しいものです。じつは昨年から、お酒を飲みながら将棋を楽しむ会を季節ごとに開いています。人数...続きを読む

2009年11月 9日 (月)

全盛時代の大山康晴十五世名人はタイトル戦の対局が麻雀旅行

大山康晴十五世名人は1950年代後期からおよそ10年間、タイトルをほぼ独占して全盛時代を築いた。大山の勝利よりも敗戦が話題になり、自身も「勝つことに慣れるのが怖い」と語った。あまり...続きを読む

2009年11月 5日 (木)

いつも全力投球で対局を戦う加藤一二三九段の意外なエピソード

加藤一二三(ひふみ)九段は来年1月に古希(70歳)を迎えるが、今でも持ち時間をフルに使っていつも全力投球で戦っている。私は同じ棋士として、その真摯な姿勢に大いに敬服している。ただ加...続きを読む

2009年11月 2日 (月)

タイトル戦で起きた飛行機Uターン、封じ手時刻、扇子の音などのトラブル

今回のテーマは、タイトル戦で起きたトラブル。ただタイトル戦に登場する棋士たちはみんな紳士的なので、そうした事態はきわめて少ない。 1994年の王将戦(谷川浩司王将―中原誠前名人)...続きを読む