将棋棋士 田丸昇の と金 横歩き

2017年4月21日 (金)

田丸が三浦九段と半年ぶりに再会。将棋連盟の理事選挙での立候補者たちの公約

田丸が三浦九段と半年ぶりに再会。将棋連盟の理事選挙での立候補者たちの公約

【追記・4月26日】
現在発売中の『別冊宝島スペシャル』の中で、田丸が「知られざる加藤一二三伝説」という内容の評論記事を掲載。他に今年の春に引退が内定した森雞二九段へのインタビュー記事も掲載。
※宝島社刊。定価500円。主にコンビニの「セブンイレブン」で販売。

私は夕刊紙『日刊ゲンダイ』の知り合いの記者から要請されて三浦弘行九段への取材を仲立ちし、4月中旬に都内の同社で行われたインタビュー取材の場に同席しました。

写真は、私と三浦九段(右)。昨年9月に将棋会館での会合で見かけたとき以来ですから、半年ぶりの再会でした。三浦九段にとっても私にとっても、激動の半年間でした。

三浦九段は一連の「冤罪問題」について、当時の心境や経緯について淡々と語りました。その取材の数日前に銀河戦の対局で勝ち、今年2月に公式戦に復帰して以来、5局目で初勝利を挙げました。そのせいもあって晴れやかな表情でした。しかし、戸惑った表情を見せたり話しぶりが揺らぐことが時にあり、不正の汚名を着せられた後遺症がまだ残っているんだなと、私は思いました。とにかく三浦九段の冤罪問題は何も決着していないのが現実です。

三浦九段が語ったインタビュー記事は、5月の連休中に発売される『日刊ゲンダイ』特別号に掲載されます。

4月27日に将棋連盟の常務理事を選出する選挙が行われます。東京(理事定数は5人)は、佐藤康光九段、森内俊之九段、田中寅彦九段、森下卓九段、鈴木大介九段、瀬川晶司五段、清水市代女流六段らの7人、関西(同2人)は井上慶太九段、小林健二九段、脇謙二八段らの3人が、それぞれ立候補しました。

私は3月28日のブログで、「大物棋士や意外な棋士の出馬が取り沙汰されている」と書きました。その前者が森内九段です。後者は社会人出身の瀬川五段、女流棋士として理事選挙に初めて立候補した清水女流六段です。なお関西は過去5期の理事選挙で定数と立候補者が同数のために「信任投票」が行われ、今年のような通常の選挙は12年ぶりのことです。

それにしても前回の理事選挙で選出された7人の理事たちが、辞任・解任・選挙不出馬という形で、すべて入れ替わるというのは前代未聞のことです。三浦九段の冤罪問題が影響していることにほかなりません。

理事選挙の立候補者たちは「政策趣意書」という文書で公約を述べ、私たち正会員に配布されました。その内容の一部を要約して紹介します。

「理事会だけでなく、会員で組織する分科会を設けて問題を解決する」「コンピューターが棋士より強くなった今、各棋士の魅力と個性をどのように伝えるかが重要」「若手棋士の育成支援と、ウェブ・メディアでの普及活動を推進する」「将棋を東京オリンピックに向けた文化伝承の国家戦略に組み込み、世界に発信する」「運営に強く関わって頂ける常勤外部理事の導入を目指す」「新たなスポンサー、自治体、対局場と提携して、棋戦を安定強化させる」「国内はもちろんのこと、海外にも日本の将棋の素晴らしさを伝えていく」「子どもたちが楽しめる大会を増やす」「困難な時代だからこそ、新たな道を切り拓く先駆けとなって進んでいく」「和の精神で常務会と正会員との協力関係を築く」

10人の立候補者のうち、7人が政策趣意書で三浦九段をめぐる諸問題に触れ、早期に解決するための考えを述べました。このたびの連盟の理事選挙で、三浦九段の冤罪問題が投票にどのような影響を及ぼすのか、社会的にも注目されていると思います。

【新刊紹介】
私こと田丸昇九段が著した『名棋士の対局に学ぶ 詰め&必死』という書籍が発売されました。※創元社・1000円(税別)。
大橋宗桂、阪田三吉、大山康晴、羽生善治など、江戸時代から現代の古今の名棋士たちの実戦譜を題材にした次の一手の問題集です。
各問題には棋士のエピソードを添え、コラムでも名棋士たちの魅力的な一面を紹介しました。将棋界の歴史を振り返りながら、終盤の寄せの力を鍛えてください。

田丸昇さんと一緒にココログやろう

2017 04 21 16 49 43 | | コメント (10) | トラックバック (0)

最近の記事
日本画家の荒川由貴さんが開催している将棋棋士の対局姿を描いた個展(4)
将棋連盟の理事制度と理事選挙について(36)
青野九段、中川八段、片上六段らの3人の理事が解任された2月27日の臨時総会(153)
5人の理事への解任動議が議決される2月27日の臨時総会(122)
佐藤康光九段が将棋連盟の会長に就任した2月6日の臨時総会の模様(129)
三浦九段の問題で東西の棋士が数多く出席した1月23日の月例報告会の模様(93)
謹賀新年。2017年の将棋界は激動の年になりそうです(22)
田丸が45年間にわたる現役棋士を引退、その後の電子機器不正使用問題(39)
三浦九段のスマホ不正使用疑惑の余波で、田丸の竜王戦の対局が読売に掲載(35)
竜王戦の対局に勝って現役期間がもう少し延びました(4)
バックナンバーページへ