将棋棋士 田丸昇の と金 横歩き

2018年6月19日 (火)

6月8日に開かれた日本将棋連盟の通常総会

公益社団法人・日本将棋連盟の通常総会が6月8日に「けんぽプラザ」(東京・将棋会館の隣)3階で開かれ、東西の正会員(現役棋士・引退棋士・女流棋士)が出席しました。人数は委任状を含めて約180人でした。

冒頭で連盟会長の佐藤康光九段が挨拶した後、塚田泰明九段を議長、畠山鎮七段を副議長に指名し、拍手をもって承認されました。

恒例の新会員紹介では、斎藤明日斗四段、長谷部浩平四段、池永天志四段の3人(古森悠太四段は所用で欠席)が出席者たちの前に立ち並び、簡単に自己紹介しました。最後に何か一言を語ったのですが、今年はそれぞれがとてもユニークでした。

斎藤四段は「私がアマ三段の頃、師匠(宮田利男八段)と六枚落ちの手合いで指すことになったとき、負けるわけがないと思って《負けたら1億円あげます》と言ったら、師匠の目の色が変わってボコボコに負かされました(場内爆笑)」と語りました。

私は、若手棋士時代から同世代の宮田八段を知っていますが、駒落ちの上手はかなり強かったです。まあ斎藤四段は、1億円は何十年後かの「出世払い」にするといいでしょう。

長谷部四段は「私は《新手一生》の言葉で知られる升田幸三先生(実力制第四代名人)の直系の弟子であることを誇りに思っています。私には新しい手は指せませんが、自分の信じる一手で頑張ります」と語りました。

長谷部四段の師匠は大平武洋六段。その師匠は、升田門下の桐谷広人七段。それにしても、「新手一生」を語呂合わせで「信手一生」と言ったのは面白かったです。

池永四段は「奨励会に長くおりましたが(11年半)、これからは天使の跳躍で、歩の餌食にならないように頑張ります」と語りました。

中原誠十六世名人は桂を跳ねて攻めに使うのが巧みで、それは「天使の跳躍」と形容されました。池永四段は、自分の名前の「天志」を語呂合わせで「天使」と言いました。なお、実際の呼び名は「たかし」です。

昨年の通常総会は、「スマホ不正使用疑惑」の問題が尾を引いていて、重苦しい雰囲気が漂っていました。しかし今年の総会は、藤井聡太七段が昨年から大活躍したことで将棋ブームが巻き起こり、その好影響によって各部門の業績が好調でした。そんなわけで、穏やかな雰囲気で議事が進みました。

最後に、理事会から「会館建設準備会」が発足することが報告されました。そして、委員長に羽生善治竜王、委員に久保利明王将、糸谷哲郎八段、中村太地王座が就きました。

現在の東京の将棋会館は42年前の1976年(昭和51年)、関西将棋会館は37年前の1981年(昭和56年)に建設されました。両会館ともメンテナンスに努めているので、築年数の割りにはしっかりしています。しかし、いずれ建て直す時期がきます。それには多額の建設資金が必要です。そんな難題にどのように取り組むのか…。次回のテーマにします。

田丸昇さんと一緒にココログやろう

2018 06 19 16 44 06 | | コメント (6) | トラックバック (0)

最近の記事
5月27日に開催された女流棋士の「レジェンド」蛸島彰子女流六段の引退祝賀会(1)
5月10日に開催された羽生善治竜王の「永世七冠」「国民栄誉賞」の祝賀会(4)
田丸の新刊「伝説の序章―天才棋士 藤井聡太」が出ました(11)
新弟子の小高女流3級も参加した田丸一門の懇親会(4)
田丸が藤井四段に関する書籍を11月に刊行、弟子の井出四段と小高女流3級の活躍(2)
お天気キャスターの森田正光さんと竹俣紅女流初段との記念対局(3)
田丸門下に入った小高女流3級と、8月に奨励会入会試験を受ける鈴木少年(3)
田丸一門会で元奨励会員の近藤祐大くんの新たな人生の門出を激励(8)
田丸が夕刊紙「日刊ゲンダイ」で6月22日から毎週木曜日に将棋コラムを連載(6)
5月29日の日本将棋連盟の通常総会で報告された三浦九段の冤罪問題の後始末(41)
バックナンバーページへ